サイトロゴ

ホーム東北すきま旅(福島編)八葉寺

八葉寺

かつて会津高野と呼ばれた名刹も今は集落の中に埋もれていた。

(福島県会津若松市河東町広野冬木沢)

地図・MAP
 
   

俗に“会津高野山"と呼ばれた名刹であったという。地方によく“○○高野"と称する寺は多いが、八葉寺(はちようじ)は河東町広野(こうや)という字にあって、伝説に信憑性を加えているのが興味深い。

写真

参道付近の風景。突き当たりに八脚門が見えてくる。のどかな田舎の風景でしかないが、往時はこの通りにも塔頭が軒を連ねたのであろうか。左奥の民家の構えにそんな雰囲気が感じられないこともない。

写真

本堂の「阿弥陀堂」。室町時代の様式をよく伝えるということで、国重文に指定されている。言われればそうかもしれないが、“室町時代の~"という建築は、言われないとなかなかそうとは見切れない。もっと眼力を養わなければ‥‥。

この日は祭りの準備で本堂が開け放たれ、本尊の善光寺三尊仏が拝観できた。

写真

なお、本堂の裏手にある奥の院には、1万5千の供養木塔が収められており、やはり国指定重要有形民俗文化財に指定されている。(見ることはできなかった。)

左写真は境内の閼伽井屋。一見すると便所のようにも見えるが、れっきとした湧水である。残念ながら水量は少なかった。

(1999年08月22日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット