サイトロゴ

ホーム東北すきま旅(福島編)会津高田湧水群

会津高田湧水群

町内で見つけた湧水は今もよく手入れされている。

(福島県会津美里町宮林)

地図・MAP
 
   

会津高田町は会津若松市の西方にあり、会津盆地の西の縁にあたる。中心街は「会津高田」の駅の南側の集落であり、ここは栃木方面と新潟を結ぶ街道の宿駅であった。勘が鋭ければ今でも町並みに宿駅の面影を感じ取ることができる。

会津高田町はただ通過するだけのつもりだったが、道路の際に湧水があったので車を停めてみた。

写真

左の写真は伊佐須美神社北側の湧水。上屋があり今でも清掃されているが、横が家庭ゴミの集積場になっているのが残念だ。水量はあまり豊かではなくポンプ式の井戸も併設されていた。車通りのある道路に面しているので比較的目に付きやすい湧水だ。

写真

「湧水」と言うとどこか深山幽谷のようなところで湧き出しているようなイメージがあるが、いわゆる湧水群というような場所は、平野や盆地の周辺部にあって、平たんな地形であることが多い。もともとは河原であり伏流水があるために、地下水が浅くなっていて、至る所から水が湧き出ている。水が豊かであることから水田地帯ともなっている場合が多い。

写真

同じく町内仲町付近の湧水。町内は南北に長い町並みを形成していて、この湧水を見つけたのは街道に沿っている裏通りだ。

水量は豊かで水槽の至る所から自噴している。上屋には水神が祭られている。写真左側の民家の敷地に接していて、なかば個人所有のような感じになっているが、道路を通る人は自由に水を酌むことができる。かつては街道を往来する人馬がのどを潤したこともあっただろうと想像される。

写真

さて、左写真は水場部分である。水船が3段階に仕切られている事が見て取れる。一番奥の区画は、水がわき出ている水源であり飲み水を汲む区画である。二番目の区画は野菜を洗ったり、スイカなどを冷やしたり、主として食べ物を洗うために使われる。一番手前の三番目の区画は、農機具を洗ったり牛馬の飲み水を汲んだりする場所で、それぞれに別の用途で使われる。各区画には段差がつけられており、汚れた水が逆流しないように工夫されている。名水百選などに指定されている全国の著名な水場はおおむねこのような使い方になっている。くれぐれも上流の区画で手を洗ったりしないように注意したい。

生活に密着した水場はには、水神のような「信仰」、水を汲むための「形式」や「機能」があり、ほんとうに興味が尽きない。

(1999年08月22日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット