サイトロゴ

ホーム尾張・西美濃戒壇巡り(その1)

尾張・西美濃戒壇巡り(その1)

またまた名古屋方面に出陣。旅の1日目はどうしても気になっている“布袋大仏”周辺を細かくチェック!

 
   
広域地図

「布袋の大仏さま」の名で親しまれている。一宮市真清田神社の別当寺であった、西神宮寺の本尊が安置され、県の文化財に指定されている。か目星をつけておいた。と、言っても出発の数時間前に慌てて調べただけなのだが。それでもいつもに比べてわりと計画的と言える。

初日のお目当ては愛知県江南市の“布袋大仏"と、愛知県北西部(地図の黄色い部分)の重文建築群だ。特に、布袋大仏は因縁の物件だ。ちょっと長くなるが、この布袋大仏の謎について話しておかないと、初日の午前中の旅の目的がわかりにくくなってしまうので、先に説明しておこう。

まず、人文社「郷土資料事典」から、布袋大仏の項を引用すると次のように書かれている。

大仏殿:江南市内布袋町。名鉄犬山線布袋駅から7分。「布袋の大仏さま」の名で親しまれている。一宮市真清田神社の別当寺であった、西神宮寺の本尊が安置され、県の文化財に指定されている。木造阿弥陀如来座像で、高さ18m、幅10mあり、県下にある座像としては大きい方である。寄木造の漆箔像だが、ほとんど剥落している。

木造寄木造で高さ18m ‥‥? 思わず絶句してしまった。「県下にある座像としては大きい方である」ってさらりと言ってるけど、18mの木造っていったらシャレにならない大きさだ。人文社よ、本当にそんな仏像がこの世に実在するのか?

実は私は“布袋大仏"と呼ばれていものを一度見に行ったことがあるのだが、この文章に書かれているものとほとんど共通点がないのだ。私の知っている“布袋大仏"は、まず大仏殿ではなく露座の大仏である。次に、別当寺ではなく鍼灸院である。さらに、木造ではなく鉄筋コンクリート造、仕上げは漆箔でなくモルタルである。唯一あっているのは高さ18mというところだけだ。ちょっと違うくらいなら資料の説明が間違っているのだろうと気にもならないところだが、あまりにも説明が食い違っている、違いすぎる。もしかして自分が勝手に“布袋大仏"だと思っている物件は実は別のもので、「郷土資料事典」にあるような寺が他にあるのではないか‥‥。 そう思うと、いても立ってもいられなくなって、今回の出陣とあいなった。

桂林寺(大口町堀尾跡2丁目)重層本堂に煙出し付きの本式庫裏。いずれも平均以上の建築。

秋葉山霊場(大口町奈良子2丁目)今は桂林寺の管理下にあるが信仰の厚い秋葉権現社。

裁断橋(大口町堀尾跡1丁目)討ち死にした武士の母が普請したという。今の橋は再建。

堀尾跡火の見櫓(大口町御供所3丁目)背が高く、柱は直線的。田んぼの中に立つ。

裁断橋忠霊塔(大口町奈良子1丁目)御嶽塚の上に作られ、巡拝用に通路が仕切られている。

常観寺(江南市小折町八竜)まま子いじめの「釜地蔵」の伝説をもつ寺。

聖寿院(江南市布袋町東)袋駅の商店街の外れにある。リズミカルな造園がユニーク。

布袋大仏(江南市木賀町大門)鍼灸師が独力で作ったコンクリ大仏。背面は教会と一体化。

報光寺(江南市古知野町本郷)山廊付き楼門や六角重層輪蔵のある江南市民憩いの場。

曼陀羅寺(江南市前飛保町寺町)愛知県屈指の名刹。正堂建築の本堂と、多くの塔頭が残る。

上宮寺(江南市前飛保町寺町)曼陀羅寺の裏手にあった静かな雰囲気の寺。

長谷川毛織(一宮市川田町5丁目)取り壊しを待つ、ノコギリ屋根の美しい工場。

地蔵寺(一宮市本町通8丁目)塀のない開放的な境内は市民の通り道。

真清田神社(一宮市真清田1丁目)一宮市の名の由来にも。戦災で全焼し現在の社殿は再建。

真清田神社・門前市(一宮市真清田1丁目)繊維の町一宮市を歴史を語る門前町。必見!

妙興寺(一宮市大和町妙興寺妙興寺境内)マニアならずとも心酔する五山級の禅院。散策に最適。

万徳寺(稲沢市長野3丁目)重文の多宝塔は午後の見学には向かない。カッコイイ鎮守堂。

大国霊神社(稲沢市国府宮1丁目)楼門と拝殿が国重文。旧官幣社の雰囲気が今も濃厚に残る。

山崎火の見櫓(稲沢市祖父江町山崎才蔵野西)農村地帯の三本辻に立つ小さな小さな火の見。

善光寺東海別院(稲沢市祖父江町祖父江南川原)戒壇巡りの内部にある光る立体曼陀羅は必見!

性海寺(稲沢市大塚南1丁目)こけら葺きの重文大師堂の棟にシャチホコが!お国柄か?

長光寺(稲沢市六角堂東町2丁目)狭い住宅街の中のメリーゴーランドのような六角堂。国重文。

高田寺(北名古屋市高田寺屋敷)重厚な重文本堂。他、本坊、白山社などが点在する。

   

他の旅