サイトロゴ

ホーム長野原強化合宿

長野原強化合宿

サークルの強化合宿で群馬県の川原湯温泉に一泊する。そのとき長野原町とその周辺を散策した記録。

 
   
広域地図

このサイトでは群馬県の物件をまだ採り上げていない。群馬は私の出身地だから実際には寺巡りを始めた高校生のころから今日に至るまで最も詳しく見て回っている地域である。しかし、それゆえに新しい発見も少なく、このサイトを立ち上げた2000年以降だけを見ると、あまり訪れていない場所なのだ。今回の旅「長野原強化合宿」はこのサイトで初めて採り上げる群馬県の旅となる。

2001年3月31日、私は所属する民話研究会の強化合宿のため、群馬県の川原湯温泉という小さな温泉へ向かっていた。このサークルの合宿は基本的には電車の旅なのだが、私は機材(?)搬入と、散策時の手荷物運搬係として一人車で現地に入った。

ところで川原湯温泉について語る場合、八ツ場(やんば)ダムについて触れないわけにはいかないだろう。このダムは温泉のすぐ下流の峡谷をせき止めて建設される。完成すれば現在の国道、JRの駅から温泉街にかけての地域は湖底に沈む。つい先日、補償交渉が決着して本格的に着工というニュースを見たから、このひなびた温泉に泊まるのはこれが最後になるかもしれない。

ダム建設の是非については私は何も言うことはない。ダム巡りの好きな人には楽しみが増えるだろうし、100年後にまだインターネットがあれば、誰かが“日本愚行漫遊記"なんていうサイトを作るためのネタにできるだろうから、それはそれでいいのだろう。私にできることは、なくなる前に見ておくということだけだ。

サークルの合宿では初日(3/31)は宿の周辺を散策し、2日目(4/1)はとなりの長野原駅までの遠足となる。川原湯温泉駅から長野原駅までは1駅だが、田舎の鉄道のことだから駅間は長い。サークルの面々が歩いているあいだに私は車に彼らの手荷物を積んで見学地へ先回りすることになるのだが、当然時間があまってしまうから付近を散策してみた。そして、ゴールの長野原駅でサークルの面々と別れてから、さらに近隣を見学したので、この旅行記はサークルの人々が見たコースとはずいぶん違ったものになっているはずだ。

川原湯神社(長野原町川原湯)中山造の茅葺きの社殿。2001年4月焼失。

唐櫃の林(長野原町川原湯)急死した湯治客が今も眠っているという。

上湯原稲荷(長野原町川原湯)何の変哲もない小さな篭り堂。囲炉裏が切ってある。

滝無不動(長野原町横壁)短足の仁王は石仏マニア必見。本尊も修那羅系の作風。

中村の火の見櫓(長野原町横壁)村境にある火の見はまるで塞の神のようだ

横壁諏訪神社(長野原町横壁)昼なお暗い木立のなかにある小さな社。

三原水車小屋(長野原町横壁)水輪はないが上掛けで、心棒は鉄製の典型的な実用水車。

小倉火の見櫓(長野原町横壁)水車とともに集落のランドマークになっている。

琴橋(長野原町長野原)貸し椀伝説も残る淵は戦国時代の要衝。

太子線跡(長野原町長野原)長野原⇔六合村を結ぶ廃線は気軽に見学できる。

赤岩の三階民家(中之条町赤岩)崖屋の巨大三階養蚕農家。

岩井洞(渋川市村上)ドライブインがある懸崖造観音堂。裏山は鎖場。

作間神社(渋川市村上)岩井洞の付近にある神社。神楽殿がある。

塩川の箱水車(渋川市村上)岩井洞付近の農家の庭にある。まだ新しい水車。

谷ノ口の箱水車(渋川市村上)道ばたにひょっこりある箱水車。

谷後の箱水車(渋川市村上)山の中の一軒家の庭にある。母屋は赤城型民家だ。

   

他の旅