サイトロゴ

ホーム三陸縦断の旅(その1)

三陸縦断の旅(その1)

あまりに遅い夏休み。三陸を縦断することにした。東北の道路地図を車に積んだら、あとはひたすら北を目指す。

 
   
広域地図

二十世紀最後の年、仕事が忙しくて夏休みが取れたのは10月になってからだった。

夏のころから漠然と東北に行きたいという思いがあって、秋のはじめにはそれが三陸海岸を訪ねてみたいという具体的な計画に変わっていた。

計画と言っても私の場合は、どの方面に出かけるかという地域さえ決まればそれで終わりだ。あとは、その日その日の旅の進み具合で次の日のコースが決まるというような旅になる。

今回の旅は昼間の出立にしようと思っていたが、前日までの仕事の疲れで早起きできず、準備ができたときには深夜になっていた。

とりあえず、初日の目標は八戸市まで着けばよしとしよう。車に東北の道路地図を投げ込むと、ひたすら北を目指した。

福蔵寺(二戸市浄法寺町寺ノ上)「猫檀家」の伝説を伝える寺。

天台寺(二戸市浄法寺町)東北の仏教を理解したければこの寺へ。

鳥越観音堂(一戸町鳥越首戸)投げ入れ型の観音堂。入口の大鳥居が目印。

成田山護国殿(二戸市福岡五日町)赤いぼんぼりと竜宮門に紀元2600年の白日夢を見る。

恵光院(南部町大向)鳥居のある観音堂の内部に濃ゆ~い東北ワールドが展開。

三光寺(軽米町山内)国重文の藩主霊廟があるが平日のため拝観できず無念。

堂ケ前の水場(新郷村西越)現代的な目的に合った3段構造の水船。

キリストの墓(新郷村戸来)昭和10年、竹内文書を元に誕生した新たな伝説の地。

大石神ピラミッド(新郷村戸来)竹内文書研究家によりピラミッドと断定された。

   

他の旅