サイトロゴ

ホーム三陸縦断の旅(2日目)

三陸縦断の旅(2日目)

旅の2日目。八戸市内を観光して陸中海岸沿いに南下を開始。とりあえず久慈市を目指したのだが‥‥。

 
   
広域地図

旅の2日目。朝からは八戸市内をひとまわり観光し、再び陸奥湊駅界隈に戻って昼食をとる。今回の旅は寺巡りも目的だが、めずらしく三陸の海の幸も目当てなのだ。夜訪れたときは人通りも少なかったが、昼間の駅前は新鮮な魚やホヤ、ウニを商う魚屋や露天商で活気に満ちていた。

陸中海岸の南下を始めたときは午後になっていた。午後は国道をはずれても、なるべく海岸線に近い道路を走ることにする。あまり距離は稼げないけれど、陸中海岸がどんなところか見ておきたいからだ。

その日のうちに岩手県を三分の一くらい南下して、久慈市付近で宿を探す予定だったのだが‥‥。

塩入観音(八戸市新井田寺沢)国道の脇に建つ六角三重塔や天守風建築と黄金の聖観音。

対泉院(八戸市新井田寺ノ上)本堂再興の物語は現代の伝説。巡礼型鐘楼には目がくぎ付け。

新羅神社(八戸市長者1丁目)境内は義経の隠所だったという伝説がある。

大慈寺(八戸市長者1丁目)白壁に囲まれ、楼門、輪蔵などの堂宇に見どころがある。

南宋寺(八戸市長者1丁目)南部藩主の菩提寺。参道も境内も広い。

櫛引八幡宮(八戸市八幡八幡丁)国宝の鎧兜を安置、拝殿・本殿も重文の由緒ある神社。

清水寺(八戸市是川中居)舞台はないが、本堂の裏に茅葺きの重文観音堂がある。

蕪島神社(八戸市鮫町鮫)ウミネコの繁殖地にもなっている奇景の島。

種市公会堂(洋野町種市)直線的な造形が美しい、威風堂々たる建築。

岡谷稲荷神社(洋野町種市)山の中にある漁師の信仰が厚い稲荷神社。

長福寺(久慈市中町2丁目)参道に三十三観音、楼門があるが、本堂はRC造。

小袖海女小屋(久慈市宇部町)北限の海女たちが冷えた体を暖めるのだろうか。

   

他の旅