サイトロゴ

ホーム三陸縦断の旅(その4)白蓮洞

白蓮洞

立体迷路型鍾乳洞。後半の登りが長く出口では汗だく。

(岩手県住田町上有住)

地図・MAP
 
   
写真

滝観洞の向かいの山にある鍾乳洞。入洞料は滝観洞と一緒である。

写真

白蓮洞はいわゆる「立体迷路型」という形式の鍾乳洞で、高低差が多く、見上げた天井の穴の部分が後で通る通路だったりするという空間の妙を楽しむことができる。

写真

下りの階段。

洞内は溶けた石灰岩でつるつるしているわけではなく、崩れ落ちた大きな岩がごろごろと転がっているワイルドな空間だ。

写真

地蔵菩薩か?

途中には水子地蔵、千手観音などいろいろな仏が祀られている。

写真

ひとしきり歩くと、今度は登りとなる。

写真

子育て地蔵。

はるか上の方に見えるが、しばらく順路を登ると近くまで行くことができる。

写真

後半の登りはかなり長い。これでもか、というほど登りが続く。

滝観洞の往復1.8 kmを歩いた後なのでちょっと辛い。

写真

洞窟の出口は入口よりもかなり山の上の方に開いている。

もう秋だというのに、冷たい洞窟から出てくるとどっと汗が噴きだした。ここから山道を下って入口付近まで戻らなくてはならない。

夏場にはお薦めできない鍾乳洞だ。

(2000年10月07日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット