サイトロゴ

ホーム三陸縦断の旅(4日目)

三陸縦断の旅(4日目)

午前中は宿泊地の遠野の名所巡り、昼には滝観洞、午後は大船渡、陸前高田の寺を探訪した。

 
   
広域地図

3泊目は三陸海岸から50kmほど内陸に入った遠野市の民宿に泊まった。

旅の4日目、午前中は遠野市内の「遠野物語」にまつわる名所を巡る。遠野に来たのは学生のとき以来だ。有名な観光名所をまわるだけでは新しい発見もないので、市街地の寺町の寺々を巡ることにした。それゆえ、4日目の訪問地は寺の数が非常に多くなる。

そして昼からは海岸方向に戻り、滝観洞、白蓮洞という2つの鍾乳洞を見学してから、大船渡市へ出る。

大船渡市、陸前高田市でいくつかの寺を見るうちに、日が暮れてしまった。

遠野物語(遠野市青笹町糠前30地割)文学作品が地域を物語の舞台として磨き上げた。

デンデラ野(遠野市土淵町山口)かつて老人を捨てたともいう伝説のある村外れの土地。

山口の水車小屋(遠野市土淵町山口)豊かな水量で一年中廻る水車に観光客も納得。

ダンノハナ(遠野市土淵町山口)刑場の跡ともいわれ、遠野物語の話者の墓がある森。

山崎の金精様(遠野市土淵町栃内)高さ1m程の石の男根。それほどリアルではない。

古道跡(遠野市土淵町土淵5地割)あまりにも有名な朽ちかけた鳥居。国道のわきにある。

常堅寺(遠野市土淵町土淵7地割)カッパ淵の入口の寺。山門の仁王像はかなり変な顔。

カッパ淵(遠野市土淵町土淵8地割)遠野観光の最大の目玉。淵と言っても水深はひざ下。

屯館(遠野市土淵町土淵8地割)カッパ淵のすぐ南側にある。平安時代の館跡と伝える。

福泉寺(遠野市松崎町駒木)仁王はニューギニアの仮面のような顔。境内を車で参拝可。

智恩寺(遠野市新町)山城のふもとにあり、三間一戸重層門が目を引く。

対泉院(遠野市新町)まとも過ぎるコンクリ仏の仁王。

常福寺(遠野市新町)反りのきつい屋根はスレート瓦葺きで苔むしていた。

柳玄寺(遠野市新町)彫刻で満たされた向唐門。境内のまわり場は楕円。

瑞応寺(遠野市大工町)本堂の欄間に麗しき天女が。隠し廊下があるというが…。

善明寺(遠野市大工町)まわり場が植え込みで作られている。

萬福寺(遠野市大工町)通りからは参道があり境内は奥まっている。

大慈寺(遠野市大工町)寺町の表通りからは見えない、かつての南部氏の菩提寺。

滝観洞(住田町上有住)往復1.8 kmの一本道の狭い通路にあなたは耐えられるか。

白蓮洞(住田町上有住)立体迷路型鍾乳洞。後半の登りが長く出口では汗だく。

満蔵寺(住田町世田米)気仙川の河岸段丘にある。総門、楼門をそなえる。

浄福寺(住田町世田米)鐘楼と鼓楼が合体した堂が珍しい。参道は銀杏並木。

長安寺(大船渡市日頃市町長安寺)東北一とも言われる巨大重層門や重層の鼓楼がある。

普門寺(陸前高田市米崎町地竹沢)プラモデルのような極小三重塔と大仏がある名刹。

金剛寺(陸前高田市気仙町町裏)全国のお砂踏みができる。山門の仁王はヒルコさまか?

龍泉寺(陸前高田市気仙町三本松)老松に漆喰の竜宮門がはえる落ち着いた雰囲気の寺。

長円寺(陸前高田市気仙町丑沢)広田湾を見下ろす墓地には三十三ヶ所お砂踏みがある。

   

他の旅