サイトロゴ

ホーム山陽の塔巡り(その1)

山陽の塔巡り(その1)

山陽地方の塔のある寺を巡る7日間の旅。はたしてこの壮絶な7日間の出来事を一続きの旅として通して把握することはできるのか…。

 
   
広域地図

2001年のGW。7日間かけて兵庫、岡山、広島の寺巡りをした。今回はさすがに長い旅になりそうだったから少しは予定を立てて出かけることにした。「岡山の寺を初めて見るのなら塔のあるところを一巡りするといい」という事前情報を得ていたので、塔のある寺を中心に目的地を地図に書き込んでみた。ところがもともと土地勘のない地域だからそれらを巡るのにどのくらい時間がかかるのかよくわからない。

岡山の寺をリストアップしたところで根気が尽きて「ええぃ、広島の寺は宿で調べればいいヤ。」といういつものパターンに。7日間あれば安芸の宮島くらいまでは行けるだろう…、という甘い読みはみごとに外れて、広島県は東の一部に立ち寄っただけとなってしまった。

さて、私は旅から帰ると頭の中でもう一度その行程を反芻してみる。どんな道を走ったか、どんな町を通ったか、どこで何を食べたか、時刻は、天候は、目的のスポットはどんな場所だったか‥‥。それを地図を見ながら頭のなかで再現してみるのだ。それは旅から帰ってからの楽しみでもある。

ところが、この7日間の旅を私はどうしても反芻することができないでいる。あまりにたくさんのスポットを見たため、旅の最初のほうと最後のほうが頭の中でつながらないのだ。断片的には思い出すことができるのだが、この旅を一つの出来事として思い出すことはいまだにできないのである。

この旅行記を書くことで初めて私はその作業をすることになる。はたしてこれで7日間の旅は私の頭の中でひとつにつながるのだろうか。そしてそれを読む皆さんはこれを一度の出来事として把握することができるだろうか‥‥。

初日の行程はとりあえず岡山県を目指す。深夜に出発し明け方には西宮市の付近のパーキングエリアで仮眠。そしてそのまま岡山へ向かえば良かったのだが、突然気が変わって加古川市に立ち寄ることにした。せっかく下調べをしたのにいきなりのコースアウトである。加古川、姫路付近を見て再び高速道路で岡山県へ。当初の目的地である閑谷学校付近に着いたのはもう3時近くになっていた。

称名寺(加古川市加古川町本町)相輪の付いた怪しい重層の堂。その正体はやっぱり‥‥。

ニッケ社宅(加古川市加古川町本町)戦前の日本を思わせる懐かしい町並み。必見!!

常住寺(加古川市加古川町本町)加古川の土手付近にあった入母屋妻入りの寺。

鶴林寺(加古川市加古川町北在家)国宝の本堂には折衷様式の天竺様の意匠が見られる。

高砂神社(高砂市高砂町東宮町)謡曲「高砂」の舞台。社殿の多い神社だ。

本町商店街(高砂市高砂町北渡海町)栄えたのは戦前~戦後か。ゲートがたくさんある。

西福寺(高砂市高砂町横町)高砂市寺町一番北の寺。RC本堂でちょっと殺風景。

延命寺(高砂市高砂町横町)高砂市寺町北から2番目。境内の芝生が気持ちいい。

極楽寺(高砂市高砂町横町)高砂市寺町北から3番目。注意しないと通り過ぎてしまう。

十輪寺(高砂市高砂町横町)高砂市寺町北から4番目。裳階が大きすぎる本堂と棟門の仁王門。

薬仙寺(高砂市高砂町横町)高砂市寺町南端の寺。RC造寄棟の本堂。

善立寺(高砂市高砂町横町)市街の人家に囲まれた閉鎖的な感じの寺。

月西寺(高砂市高砂町南本町)敷地一杯に建つ本堂。人家と区別がつかない。

高砂駅跡(高砂市高砂町横町)かつては旅客輸送もした高砂線の主要駅だった

梅ケ枝湯(高砂市高砂町次郎助町)モルタル、レンガ、木造の入り交じった不思議な建物。

船頭の火の見櫓(加古川市米田町平津)国道2号線の追い分けに建つ。

金剛寺(高砂市阿弥陀町魚橋)民家のような小さな本堂の裏山に石造りのミニ霊場。

生石神社(高砂市阿弥陀町生石)巨大な石塊“石の宝殿”が御神体。裏山からの眺めも良い。

本徳寺(姫路市亀山)櫓型の鐘楼がある本願寺派の巨刹。堂宇も多い。

浄福寺(姫路市亀山)本徳寺の北側にある塔頭。庫裏は塗籠造。

勝久寺(姫路市亀山)本徳寺の北側にある塔頭。本堂や薬医門はまだ新しい。

光照寺(姫路市飾磨区亀山)本徳寺の北東にある塔頭。住宅のような作り。

光養寺(姫路市飾磨区亀山)本徳寺の北東にある塔頭。境内は道から引っ込んでいる。

法受寺(姫路市飾磨区亀山)本徳寺の参道南側の塔頭。本堂はスレート葺き。

正龍寺(姫路市飾磨区亀山)本徳寺の参道北側の塔頭。本瓦葺きの小さな薬医門。

真行寺(姫路市飾磨区亀山)本徳寺の参道の北側の塔頭。近代建築だが好感が持てる。

法性寺(姫路市飾磨区亀山)本徳寺の南東の寺。寺の前は飾磨街道という街道。

斑鳩寺(太子町鵤)三重塔がある。太子堂の後部は紛らわしい3層の造り。

閑谷学校(備前市閑谷)庶民や他藩士も学べた江戸時代の先進的藩校の遺構。

山陽クレー工業鉱石乾燥小屋(備前市吉永町南方)高密度の外見はまるでノアの箱船のようだ。

法泉寺(和気町益原)本堂が明治の擬洋風建築。県指定文化財にすべき。

真光寺(備前市西片上)三重塔がある。参道はJRと国道をまたいでいる。

福生寺(備前市大内)かつて三十三坊を数えた古刹。その雰囲気は充分堪能できる。

   

他の旅