サイトロゴ

ホームさよなら関東

さよなら関東

2002年の春、転職で関東を離れることになった。関東で過ごす最後の日々がまたたくまに過ぎていくなか、長野、新潟、群馬に出かけた短い旅の思い出。

 
   
広域地図

2002年の春、転職のため関東を離れて四国に転居することになった。会社をやめたのが4月頭。次の会社に勤め始めたのが6月頭からだから、実質2ヶ月間自由の身だったわけである。

ところが自由の身といっても、明日をも知れぬプータローの身上。転職活動中では気分も晴れず、遊びに行こうという気も起こらないものだ。4月の中旬には次の会社の内定をもらって一段落を得たが、こんどは新居探し、身の回りの片づけ、引っ越し業者の見積りやらで落ち着かない。あれよあれよという間に時間がすぎてゆく。

高校を卒業して郷里を離れてから引っ越しは6回目になるし、転職も初めてのことではない。だが今回は特別だ。今までは引っ越ししても変わるのは住所だけ、転職しても変わるのは勤め先だけという状況だった。今回はよく遊ぶ友達とも別れなければならない。冷めかけていた恋人とも、サークルの仲間とも、職場の知り合いとも、住み慣れた町とも、仲よくなったキジ猫とも、いっぺんに別れてゆかなければならないのだ。

残された時間が限られているとわかったとき人は何をするのだろうか。今回の転職でわかったことは、私はあまりジタバタするほうではなかったということだ。関東を離れるのだから、まだ行ったことがない場所やもう一度行っておきたい場所に最後に行きまくるだろうかとも思ったが、いざあと1ヶ月となると、意外に何もしないものだ。親しい友人と何人か会って、とりとめもなく昔話をしたくらいである。

そんな中、GWの後半、(はやり郷里を離れて暮らしている)弟がやって来て一緒に田舎の群馬に帰省しようという話になった。そして3日間、彼と一緒に群馬を中心に長野や新潟などに日帰りで出かけた。大した旅にはならなかったが、それが関東で過ごした最後の思い出らしい思い出になったのである。

小河原の水車小屋(下仁田町青倉)大きな木製の水輪が朽ちていた。下掛け水車。

白石工業鉱石乾燥小屋(下仁田町青倉)びっしりと並ぶパレットは小さな宇宙である。

土谷沢稚蚕共同飼育所(下仁田町青倉)温室のような明るい開放型の建物。

跡倉の蛇口(下仁田町青倉)あまり清潔そうじゃないが飲むのは3回目。

跡倉の二連水車(下仁田町青倉)遠くて細部はよく見えない。幻想かも‥‥。

勧能の段畑(南牧村羽沢)驚異的な急傾斜。石垣で築かれた見事な段々畑だ。

禅昌寺(佐久市田口)県境の小さな集落にあった寺だが楼門がある。

最勝洞(佐久市田口)チャート質の山にできた洞窟群。鍾乳洞とは違う。

山古志村の棚田(長岡市山古志虫亀)1枚の面積は広いが美しい棚田風景が広がる。

牛の角突き(長岡市山古志南平)日本最北の闘牛。勝負はつけず残酷な場面もない。

虫亀の火の見櫓(長岡市山古志虫亀)三本柱でハシゴは柱の外についている。

魚沼神社(小千谷市土川2丁目)境内には国重文の阿弥陀堂が建っている。

普光寺・浦佐毘沙門堂(南魚沼市浦佐)通称、浦佐毘沙門堂。巨大ローソクと裸祭りで有名。

千手院(南魚沼市浦佐)浦佐毘沙門堂の隣にあった寺。入口には朱塗りの橋。

浦佐の三階民家(南魚沼市浦佐)旧三国街道に面している。もと旅館か。

猿谷橋の水車(前橋市総社町総社)天狗岩用水にある機械的な水車。発電所か?

光巌寺(前橋市総社町総社)総社藩主菩提寺の大寺。楼門は異様。

宝塔山古墳(前橋市総社町総社)一辺54mの巨大方墳。横穴式石室が開口。

蛇穴山古墳(前橋市総社町総社)小学校の庭にある円墳。横穴式石室が開口。

三日月村(太田市藪塚町)「木枯らし紋次郎」のテーマパーク。

ジャパンスネークセンター(太田市藪塚町)さびれぶりが魅力で、ついリピーターに。

   

他の旅