サイトロゴ

ホーム花巻・石巻(2日目)

花巻・石巻(2日目)

初日は移動だけで1日終わってしまったが、2日目からはいよいよ本格的に北上盆地を観光。毘沙門天がたくさんある地域だ。

 
   
広域地図

旅の2日目。1日目は移動だけで終わってしまったので、2日目からが本来予定していた旅となる。紫波町を起点に北上川に沿って北上盆地を南下する。花巻市までは北上川の西岸を、そこから南は東岸を観光した。この地域は大ざっぱに言えば平泉より北、盛岡より南のエリアと表現すればよい。関東あたりから出かける東北観光だと平泉(中尊寺)→盛岡(小岩井農場)と移動するときに素通りしてしまうエリアである。

このエリアには毘沙門天像を祀る寺が多い。毘沙門天は北方の守護神であり、平安時代に北方鎮護のために祀られたなごりなのだろう。特に兜跋毘沙門天の何たるかを理解するのには最適の土地かもしれない。

あわよくば2日目のうちに一関市まで南下したかったのだが、その手前水沢市で日が暮れる。まあ、急ぐ旅でもないのでそれでもよかろう。

志和の水げんか(紫波町土舘)激しい投石で志和稲荷の狐の耳が欠け落ちたという。

志和稲荷神社(紫波町升沢)志和古稲荷の隣にある。門前は水げんかの舞台。

志和古稲荷神社(紫波町升沢)志和稲荷の隣にある。狐のミイラが祀られている。

大興寺(花巻市石鳥谷町大興寺第23地割)境内の土仏観音堂は彫刻の固まりだ。

長谷観音堂(花巻市石鳥谷町長谷堂第1地割)大興寺の谷にある無住の寺。参道の湧水も涸れ果てた

松林寺(花巻市石鳥谷町松林寺第1地割)大興寺の谷にある寺。本堂の奥には白塗りの丈六地蔵が。

大畑公民館(花巻市大畑第4地割)もと消防署か。イーハトーブ的な香りを放つ建物。

花巻電鉄花巻温泉線跡(花巻市湯本第1地割)軽便鉄道の跡。全線を容易にたどれる。

松山寺(花巻市台第3地割)花巻温泉に近い禅寺。渡り廊下の上に小さな鼓楼がある。

円万寺(花巻市膝立観音山)参道に巨大なコンクリ鳥居がある。境内からの眺望がみごと。

慈眼水(花巻市太田第21地割)清水寺の境内のはずれにある井戸。目の病に効くらしい。

清水寺(花巻市太田第21地割)巨大な楼門は四手先の建築。境内は広い杉林になっている。

イギリス海岸(花巻市下小舟渡)北上川の河畔を宮沢賢治がそう名付けた。

成島毘沙門堂(花巻市東和町北成島)兜跋毘沙門天像は兜跋ファン必見の作。堂も国重文。

永昌寺(北上市更木33地割)北上川東岸の段丘にある。観音堂には二十五菩薩ジオラマが。

立花毘沙門堂(北上市立花16地割)国重文の毘沙門天像があるというが見学できず。

極楽寺(北上市稲瀬町内門岡)国見山廃寺の跡に建つ。さびれた境内に怪しい重層本堂が。

樺山遺跡(北上市稲瀬町水越)縄文時代の住居跡とストーンサークル。公園になっている。

旧共立病院(奥州市江刺区南町)明治7年に建てられた擬洋風の病院。

藤里毘沙門堂(奥州市江刺区藤里)国重文の兜跋毘沙門天をはじめ、鉈彫仏の宝庫。

藤里の民家(奥州市江刺区藤里)大棟の煙出に格子をつけた繊細な意匠の民家。

愛宕神社(奥州市江刺区藤里)周囲は公園になっているがあまり整備されていない。

   

他の旅