サイトロゴ

ホーム花巻・石巻(その3)

花巻・石巻(その3)

水沢市から一関市へ。このエリアの定番スポット平泉へは立ち寄らず周辺の観光に徹して夕方には海岸線の気仙沼市へ移動。

 
   
広域地図

旅の3日目。水沢市を発って、宮城県との県境の一関市まで南下する。そして一関市からは東に進路をとって海岸線の気仙沼市へ出る。

この地域の目玉はなんといっても中尊寺・毛越寺中心とする奥州藤原文化の遺構だろう。それらの人気スポットはすべて北上川の西岸にあるのだが、今回はあえて北上川東岸の観光に徹することにした。平泉は過去何度か来たことがあり、そしてまた将来も来ることがあるだろう。それに引き換え、平泉の周辺にあるマイナーな観光地で一日過ごすという機会は一生のうちにそう何度もあるものではない。

3日目の最終目的地の気仙沼は、前年の「三陸縦断の旅」の最後に夕食を食べに立ち寄った場所だ。二回目になるので少しは土地勘もあるし、前回に立ち寄った居酒屋でまた新鮮な魚介を食べまくる愉しみが待っている町なのである。

霊桃寺(奥州市前沢区山下)北上川の河岸段丘の崖を背負った寺。鐘堂が二つある。

龍徳寺 (奥州市水沢区姉体町宿)一間一戸楼門に山廊がついている。境内は幼稚園。

黒石寺(奥州市水沢区黒石町山内)蘇民祭という裸祭があるという名刹。

正法寺(奥州市水沢区黒石町正法寺)本堂、庫裏は巨大な茅葺きの建物。曹洞宗第三位の格式。

猿沢の秋葉堂(一関市大東町猿沢)集落のT字路にあった小さな辻堂。秋葉権現を祀る。

観福寺(一関市大東町猿沢)岩の上に建つ観音堂と石橋は東北らしからぬ風景。

マリア観音(一関市東山町長坂)小さな鍾乳洞に鎮座する慈母に満ちた石仏。

幽玄洞(一関市東山町長坂)地底湖のある鍾乳洞。昭和55年発見でまだ新しい。

旧東北砕石工場(一関市東山町松川滝ノ沢)宮沢賢治が最後の命の火を燃やし尽くした工場。

龍沢寺(一関市中里沢田)北上川の河岸段丘を背負った寺。本堂の左に位牌堂。

永泉寺(一関市中里大平山)小さな寺だが本尊の聖観音は平安末期の作。

願成寺(一関市釣山)裏山は霊園。新築した楼門がまぶしい。

祥雲寺(一関市台町)巨大な輪蔵は残念ながら工事中だった。

夫婦岩(一関市千厩町千厩構井田)町のまんなかに人目もはばからず鎮座する巨大な男根。

大光寺(一関市千厩町千厩東中沢)静かな山里の大光寺は“オモテの大光寺”の末寺だった。

大光寺(一関市千厩町千厩宮敷)薬師如来立像は天台寺の仏を思わせる逸品。

鹿折金山跡(気仙沼市上東側根)高純度の金鉱石を産したというが今は山に還っている。

観音寺(気仙沼市本町1丁目)延暦寺の法灯を受け継ぐという由緒のある寺。

補陀寺(気仙沼市古町2丁目)境内の六角堂は華麗で繊細な良質の江戸建築。

宝鏡寺(気仙沼市川原崎)茅葺きの大きな楼門がある。参道の大松もいい感じ。

   

他の旅