サイトロゴ

ホーム花巻・石巻(4日目)

花巻・石巻(4日目)

この日は宮城県東部の寺々を巡る。有名な観光地がない地味な地域だが、実際に行ってみると意外に見どころが多かった。

 
   
広域地図

旅の4日目。気仙沼市を起点に、宮城県の東部地方を観光する。

以前に夜おそくこのあたりを通ったことがあるが、見慣れない地名とわかりにくい道路に心細い記憶が残った地域だ。今回は昼間でありあらかじめ地図を見て行ったのだが、やはり全容はつかみにくかった。山間地でもなく平野でもない。複雑に流れる河川や丘陵が町村を隔て、道路も網の目のように作られているために、幹や枝葉になるような地勢が見えてこないのだ。

このエリアにはあまり有名な観光地もなく、何もなさそうな印象を持っていたのだが、実際に行ってみると意外な名刹やいい町並みがあり、時間が足らなくなってしまった。特に途中で予定を変更して立ち寄った登米町はもう一度行ってみたいと思わせるすばらしい町だった。

大谷金山跡(気仙沼市本吉町高瀬ヶ森)精練所の施設の基礎がまだしっかり残っている。

峯仙寺(気仙沼市本吉町津谷舘岡)新しい楼門と秋葉堂。総門は国道に面している。

浄勝寺(気仙沼市本吉町津谷桜子)境内に町を見渡せるテラスがある。その前に傘堂が。

浄福寺(気仙沼市本吉町圃の沢)町の南のはずれにある。境内の前は広々した水田。

大雄寺(南三陸町志津川)完全な回廊のある禅寺。参道の雰囲気もよい。

横山不動尊(登米市津山町横山)不動尊なのに曹洞宗。境内にはウグイが棲む。

長谷寺(登米市津山町横山)伊達小次郎の墓があるというが見忘れた‥‥。

柳津虚空蔵尊(登米市津山町柳津)境内は雑木が茂り荒れ寺みたいだ。

香林寺(登米市豊里町杢沢)金のかかった境内。山門は室町時代の城門。

登米町の町並み(登米市登米町寺池桜小路)意外に立派な城下町。町並み好きなら必見。

旧登米高等尋常小学校(登米市登米町寺池桜小路)国重文。吹き放ちの廊下がエキゾチック。

旧登米警察署(登米市登米町寺池中町)同町尋常小学校と同じ設計者。今は警察資料館に。

養雲寺(登米市登米町寺池道場)山門は二階建ての薬医門。武家屋敷の門かもしれない。

興福寺・六角堂(登米市南方町本郷大嶽)和洋混淆のイッちゃってる持仏堂。

興福寺・大嶽山観音(登米市南方町大嶽)観音堂には二十四孝の障壁画が。

箟峯寺(涌谷町箟岳)天台密教の一山寺院の雰囲気を色濃く残す。

見龍寺(涌谷町涌谷竜渕寺)涌谷伊達家の霊廟がある。

龍淵寺(涌谷町涌谷竜渕寺)見龍寺の隣にあった寺。敷地の感じなどは見龍寺とそっくり。

箱泉寺(石巻市北村)旭山丘陵の北側の寺。慈覚大師が見つけた泉があるという。

旭山観音堂(石巻市北村)懸崖造りだが視界がよくない。下部はむき出しの鉄骨。

高福寺(石巻市北村)旭山の南の丘の上に建つ寺。すこし殺風景。

五社遥拝之宮(石巻市北村)個人営業の祈祷所か。地図には載っていなかった。

桑柄の迎え火(石巻市北村滝ノ沢)三本辻で稲藁を焚いていた。

   

他の旅