サイトロゴ

ホーム3日間仙台一周(2日目)

3日間仙台一周(2日目)

2日目は仙台の市街部の寺町を中心に、心おもむむままに寺巡り。

 
   
広域地図

仙台。このサイトを始めてから初めて本格的に訪問する政令指定都市。主にクルマで旅をしている私にとって都市部はどうしても気後れしてしまう地域である。交通渋滞、一方通行、駐車場探しなどで効率的な行動が妨げられるし、お寺の参拝客への対応も田舎に比べると、ギスギスした感じを受けることも否定できない。

さらに仙台の地図を一度でも見てみるとわかるのだが、袋小路の造成地がやたらに多いのである。袋小路の街路はクルマの通り抜けを避けるためにわざと不便に設計されたネガティブな都市計画の産物である。どこの街にも郊外に行けば多少はそんな地形はあるのだが、仙台という都市はまるで子供の陣取り遊びの跡のように細切れの造成地で市域全体が構成されており、市内を縦横に移動できる幹線道路がほとんど見当たらない。地図を眺めながら旅のプランを立てているだけでストレスを感じてしまうほどなのだ。

仙台にお住まいの方々にはほんとうに申し訳ないのだが、私の見た仙台は“杜の都"というキャッチフレーズとはあまりにもかけ離れていたし、都市設計者の小さな悪意の集成としての町並みには薄ら寒いものさえ感じるのだ。デザインされた悪意に対する忍耐力のない私のような人間にはとても暮らせそうにない街だった。

したがって、まだ気力・体力の充実している2日目のうちに人口密度の高い市街地の寺を巡り、(どちらかと言えば気が楽な)郊外の寺は3日目に回すことにした。市街地には何ヶ所か寺が密集した“寺町"と呼べるエリアがある。その寺々の中から気の向いたいくつかに立ち寄り、立ち寄れなかった寺はなるべく門前を通過するようにして車窓から様子をチェックした。

瑞鳳寺(仙台市青葉区霊屋下)もと正宗の位牌を安置していたという菩提寺。

瑞鳳殿(仙台市青葉区霊屋下)極彩色マニアにはたまらない究極の極彩建築。ただし再建。

穴蔵稲荷神社(仙台市青葉区霊屋下)期待させる名前だが洞窟はない。

大満寺(仙台市太白区向山4丁目)山上伽藍の虚空蔵堂周辺からは市街地を一望できる。

愛宕神社(仙台市太白区向山4丁目)随身門には日本最大のカラス天狗がいる。

福聚院(仙台市太白区門前町)RC造陸屋根本堂の前に三間の巨大鐘堂。

大年寺(仙台市太白区門前町)かつて七堂伽藍があったという面影は今どこに。

東漸寺(仙台市若林区南鍛冶町)楼門と本堂屋根は家大工の仕事か。寺らしからぬ建築。

泰心院(仙台市若林区南鍛冶町)四脚門は藩校の門を移築したものだという。

昌伝庵(仙台市若林区荒町)境内北向きの寺。仏眼寺とは境内つづき。

仏眼寺(仙台市若林区荒町)境内北向きの寺。昌伝庵とは境内つづき。

満福寺(仙台市若林区荒町)参道は松並木。参道入り口の提灯がにぎにぎしい。

山月生花店(仙台市若林区荒町)幅一間半の厚みの三階建てのアパート。

孝勝寺(仙台市宮城野区榴岡4丁目)仙台駅東にある巨刹。五重塔を建設中だった。

陸奥国分寺跡(仙台市若林区木ノ下3丁目)東大寺式伽藍の礎石がわかりやすい。再建本堂は重文。

陸奥国分寺本坊(仙台市若林区木ノ下2丁目)近代的な伽藍の寺。多宝塔はRCながらに美しい建築。

白山神社(仙台市若林区木ノ下3丁目)国分寺の境内にある。こけら葺きで一間社流造。

国分尼寺(仙台市若林区白萩町)住宅地にある普通の寺。北側に旧国分尼寺跡がある。

第二師団歩兵第四連隊兵舎(仙台市宮城野区五輪1丁目)一部、当時の居室が再現されている。

成 田 山 経 ケ 峰 国 分 寺(仙台市青葉区荒巻青葉)巨大な不動像のある新しい寺。

龍宝寺(仙台市青葉区八幡4丁目)もと大崎八幡神社の別当寺。新築の木造多宝塔がある。

大崎八幡神社(仙台市青葉区八幡4丁目)本殿は国宝、長床が重文の名社。工事中だった。

妙法寺・仙台道場(仙台市青葉区国見6丁目)北西部の高台にある仏舎利塔が目印。

仙台大観音(仙台市泉区実沢中山南)全高100m。内部の吹き抜け空間は一見の価値あり。

輪王寺(仙台市青葉区北山1丁目)日本庭園に三重塔。一般人が観光で立ち寄ってもよい寺だ。

秀林寺(仙台市青葉区北山1丁目)竜宮門に山廊が付いている。寺の前は再開発道路。

資福寺(仙台市青葉区北山1丁目)枯山水の庭園がありよく整備された寺。参道にはアジサイ。

覚範寺(仙台市青葉区北山1丁目)長い参道と仁王門には雰囲気があるが本堂と庫裏はRC造。

光明寺(仙台市青葉区青葉町)周囲はマンションだが参道だけはうっそうとした杉並木。

東昌寺(仙台市青葉区青葉町)参道はアカマツの並木。禅堂のような位牌堂がある。

青葉神社(仙台市青葉区青葉町)本殿は重文というが、よく見えなかった。

   

他の旅