サイトロゴ

ホーム豊川・蒲郡(その2)金剛寺・弘法大師像

金剛寺・弘法大師像

像高19mのペイントコンクリ仏。胎内はない。

(愛知県蒲郡市三谷町南山)

地図・MAP
 
   

蒲郡の海岸線から三谷温泉の方向を眺めると、いやがうえにも目に飛び込んでくるものがある。山上の巨大弘法大師像だ。(下写真)

写真
写真

像を目印に温泉街のあいだの道を上っていくと、徐々に像のディテールが見えてくる。山上までは車で登ることができる。山頂に金剛寺という寺があり、大師像まではまた少し離れている。

山門は木造の薬医門。

写真

山上までは車で登ることができる。山頂に金剛寺という寺があり、大師像まではまた少し離れている。

山門は木造の薬医門。

写真

境内に入るとRC造の本堂と庫裏。

写真には写っていないが、観光客はわりと多かった。

写真

寺からはまた車で大師像のあるエリアまで移動する。

大師像はコンクリ仏で像高は約19m。大型大仏としては微妙に小さい。(つまり、大仏の基準たる丈六=4.8mよりははるかに巨大だが、50m超の大観音からみると小降りということ。)もちろん胎内には入れない。

2本脚で地面から離れていて、錫杖との3点で接地してバランスを取っている構造。似たような構造の像としては高知県室戸岬の青年大師像があるが、室戸の像も像高21mなので、脚で立つ形式の大仏は20m前後が限界なのだろうか‥‥。

写真

錫杖を持っているので修行像かと思いきや、どうもだいぶお年を召した造形。しかも小さな人間を手のひらに載せている。

子安大師ということなので、抱いているのは子供なのかもしれないが、どう見ても小さなお坊さんにしか見えない。

弘法大師自体もサンダーバードに出てくる禿げ頭の悪役みたいな感じで、ちょっと怖い。

写真

大師像の付近には護符売り場と喫茶店がある。

写真

大師像の基壇(の塚)の周囲にはミニ霊場があった。

写真

なお、訪れたときにはまったく気付かなかったが後日某Bスポサイトを見ていたら、弘法大師の横から南西の方向にかつてロープウエイがあったそうである。(左写真の方向)

(2001年10月07日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット