サイトロゴ

ホーム豊川・蒲郡(その2)

豊川・蒲郡(その2)

豊川稲荷や豊橋平野北部の寺社に参詣してから蒲郡方面へ向かう。三河湾に面した風光明媚な蒲郡は心魅かれる土地だった。

 
   
広域地図

旅の二日目。豊川稲荷を見てから三河湾・蒲郡市へ向かう。北関東に生まれ、南関東で長く過ごした私にとって、三河湾というのはまったく想像の付かない場所だ。関東で暮らしている人々の大半はそうなのではないだろうか。渥美半島と知多半島という小さな二つの半島に挟まれたハート型の湾(左地図参照)なのだが、私は「どっちが知多半島でどっちが渥美半島だっけ」という程度の知識しかなかった。

実際に行ってみた三河湾は意外な場所だった。内海の穏やかな海、自然の海岸線、湾内を一望できる風光明媚な海岸道路。関東で言えば鎌倉から茅ヶ崎まで続く湘南の海岸線と近い印象だ。そして、うれしいことに、けれん味たっぷりだがどこかのどかな雰囲気の珍寺・珍スポットが観光客を待ちかまえている。

初めて来たのに懐かしい場所、昭和の高度成長期の終わりに日本の各所で見られた退廃的な雰囲気を今も感じさせる場所、とでも言えばいいか。三河湾はそんな場所だった。

日本の色々なところを見ても、すぐに心魅かれる場所はそう多くはない。だが私は三河湾という場所をすぐに気に入ってしまった。そしてこの旅以後、2回にわたって三河湾を訪れることになるのである。

賀茂神社(豊橋市賀茂町神山)うっそうとした杉林の中にある。境内で乗馬が可能?

砥鹿神社(豊川市一宮町西垣内)三河国一の宮で旧官幣社。奥の院のほうが見ものだったか。

三明寺(豊川市豊川町波通)雑然とした田舎寺の風情だが、小さな三重塔がある。

豊川稲荷・門前町(豊川市西本町)ストイックすぎる。もっといかがわしさが欲しい。

豊川稲荷・本堂(豊川市豊川町)巨大本堂は善光寺を思わせるが、戒壇はなし。

豊川稲荷・奥の院(豊川市豊川町)平坦で大味な奥の院。油揚の奉納もなかった。

世界心道教(豊川市諏訪2丁目)八角三重塔は教祖の位牌堂で見学できないのが残念。

永福寺(豊川市野口町長万)小さな寺だが仏像をたくさん収納した堂が多い。

菅原神社(豊川市野口町長万)永福寺の横にある神社。鳥居は石に木を接いだ混構造。

清光寺・国分尼寺趾(豊川市八幡町忍地)国分尼寺の公園化で移築させられたか。

国分寺(豊川市八幡町本郷)旧国分寺の上に建つ。梵鐘は旧国分寺のものと伝える。

八幡宮(豊川市八幡町本郷)本殿は国重文。末社はことごとく覆屋に入っている。

財賀寺・本坊(豊川市財賀町観音山)仁王門は100円でライトアップされる。

財賀寺・山上伽藍(豊川市財賀町観音山)八十八ヶ所お砂踏みほか、ミニ霊場の巣窟。

長福寺(豊川市赤坂町西裏)東海道の赤坂宿に面した寺。本堂の下部は亀腹。

龍源寺(豊川市萩町大門)重層門、袴腰鐘楼のある禅寺。回廊が再建されたが中途半端。

西明寺(豊川市八幡町寺前)新興住宅地の奥にある静かな禅寺。門前には幼稚園。

法住寺(豊川市御津町赤根百々)旧国宝の千手観音があるというが観音堂には何もなかった。

大聖寺大秘殿(蒲郡市三谷町鳶欠)地下霊場がある。寺というより秘宝館に近い。

金剛寺・弘法大師像(蒲郡市三谷町南山)像高19mのペイントコンクリ仏。胎内はない。

八百富神社(蒲郡市竹島町)「東海の江ノ島」の異名をもつ竹島にある神社。

   

他の旅