サイトロゴ

ホーム四国の時計台犬之墓の時計台

犬之墓の時計台

再建というから、もともと時計があったのだろう。

(徳島県阿波市市場町犬墓)

地図・MAP
 
   
写真

徳島県の市場町から香川県の東かがわ市へ抜ける途中に「犬墓(いぬのはか)」という陰気な名前の大字がある。その大字の中央、県道2号の旧道と四つ角にかなり目立つ時計がある。

この辻は大北集落(集落と言っても今では家は1軒しか残っていないが)への入口だが、大北の山奥には井笠山という山と山頂に神社があり、かつてはそれなりの人口が山中に住んだのではと思わせる、ちょっと雰囲気のある辻なのである。

写真

その辻に、この時計、である。同じ県道2号線の旧街道には勝命の時計台もあるので、当然これも「時計台」物件であろうと推測された。

本サイトで定める「時計台」とは、昭和天皇の即位や皇紀2600年などを記念して建てられた、戦前のナショナリズムの遺構としての時計台を言う。

写真

だが、近くでよく見るとこの時計台は昭和51年再建と書かれている。時代が新しすぎるのだ。

しかし「再建」と書かれているからには、以前からここに時計台があったのは確かであり、それはもしかしたら戦前の記念物だったのかもしれないと、想像をたくましくもできるのである。

これ以降のページでは、成立としては新しくて時計台とは言えないが、時計台の血を引いていると思われるいくつかの物件を紹介しようと思う。

写真

聞き込みをしたところ、この時計台は以前は右側にある柱のようなものの上に時計が乗ったものだったという。昭和8年に集落の農業用水を三面コンクリートに改修したのを記念して作られたらしい。初代時計台が壊れたため、近くの砕石場の石を持ってきて再建したとのこと。

農業用水の分岐点に水門があって、その水門を開ける時間をこの時計をみて計るのだという。

(2005年02月20日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット