サイトロゴ

ホーム四国の時計台御所小の時計台

御所小の時計台

小学校の庭にある卒業記念の時計台。遍路道に面している。

(徳島県阿波市土成町宮川内広坪)

地図・MAP
 
   
写真

徳島県吉野町から香川県の白鳥へ抜ける細い街道がある。クルマがすれ違えない恐ろしく細い街道だが、私は好きでよく通っている。

その街道と、四国霊場熊谷寺へと向かう遍路道が交差する辻に時計がある(左写真)。

この時計は時計台ではないのだが、この道を通るたびにハッとしてしまう。

写真

手前の道が遍路道。時計は校庭の端に外に向いて建っている。隣には二宮金次郎の銅像があり、やはり学校の外側を向いていることから、手前の塀はもともとはなかったのではないだろうか。

定礎によれば、昭和三十四年度卒業記念ということなので、戦前のナショナリズムとはまったく無縁のものである。だが、この場所は古い重要な辻であるし、もしかしたら以前ここに時計台があったのではないか、という妄想をかき立てるのである。

写真

現在は時計ははめ込まれていない。

写真

全体のデザインはアルファベットの「GS」。「御所」を表わす頭文字であろうか?

この物件は最近、校舎の新築工事にともなって取り壊された模様。

(2005年01月10日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット