サイトロゴ

ホーム藤岡から小川町へ腰越の時計台

腰越の時計台

消防自動車が突っ込んだため、修復したという。

(埼玉県小川町腰越)

地図・MAP
 
   
写真

続いて、小川町へと移動。吉田町からはちょっと離れているのだが、以前に埼玉県在住のIさんという方から教えてもらって、一度は見に行かなくてはと思っていた時計台があったので、この機会に立ち寄ることにしたのだ。

場所は、小川町腰越(こしごえ)というあたりで、街道に面しているためすぐにわかった。

写真

材質はコンクリートモルタル洗い出し仕上げで、いかにも昭和天皇のご大典物件を思わせるデザインである。

ちょうどY字路の分かれ目に立っていて、左側の道は、古寺方面へ向かう旧道である。

写真

時計はちゃんと機能していて、正しい時刻を指している。このサイトで紹介している他の時計台たちを見ても、時計がちゃんと機能している時計台は多くはないのだ。

写真

時計のメンテナンスは裏側から行うようになっており、その部分は新しい感じであった。

写真

定礎を見ると、昭和51年改修とあるが、あまりにも強く戦前のオーラを放っていたので、近くで聞き込みを行った。

近くに住む人々はこの時計台のいわれについてほとんど知らなかったし、関心もないようだった。訊ねると露骨に迷惑そうな顔をする人もいた。そんな中でやっと80歳になるおじいさんに話を聞くことができた。

それによると、そのおじいさんが物心ついたときにはすでに時計台はあったというから、昭和ヒトケタよりは古いことは間違いない。断定はできないが、ほぼご大典記念の時計台と見ていいだろう。

80年も前のこととなるとそれを直接見聞きしたという人はもう多くはない。ましてご大典の時点で赤ん坊だったのでは経験したとは言えない。少なくともご大典の意味を理解でき、時計台の落成と結びつけて理解できる年齢であったとすれば、現在では90歳にはなっているはずであるから、時計台のいわれを知る人が簡単に見つからないのも無理はない。おじいさんによれば、時計台は一度消防自動車が突っ込んで破損し、デザインはそのままに修復したのだという。それが昭和51年の修復だったのだろう。

(2005年09月18日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット