サイトロゴ

ホーム知多・岡崎迷走(2日目)斉年寺

斉年寺

「恵可断臂図」を所有する寺。狭いが堂は多い。

(愛知県常滑市大野町9丁目)

地図・MAP
 
   
写真

斉年寺。

雪舟の最高傑作、国宝「恵可断臂図」を所有する寺である。どんな寺なのかと思って、立ち寄ってみた。(「恵可断臂図」は京都国立博物館所蔵)

写真

山門は三間一戸の薬医門。

普段は山門をクルマで通過し、境内に駐車できるようだが、この日は法事をやっていたので、表通りに駐車させてもらった。

写真

薬医門を過ぎると、クロマツの並木が続いていて、一間一戸楼門が見えてくる。

写真

本堂‥‥‥。

「恵可断臂図」を所有する寺というから、禅の極地のような寺を想像していたのだが、かなりイメージと違っていた。

本堂内では「恵可断臂図」の模写が見られるらしいのだが、読経の真っ最中とあって、さすがに見学はできなかった。

写真

本堂の左側には、東司、庚申堂(写真中央の小祠)、不動堂(写真奥)。

写真

本堂の右側は庫裏、袴腰鐘楼。鐘楼はかなり立派なものだ。庫裏の前は石庭になっている。

写真

鐘楼の先には土蔵があった。おそらく輪蔵であろう。

写真

輪蔵の隣には寄棟造の観音堂。

他に、境内には四方の方角に合わせて、四天王が祀られていたり、狭いながらも見るべきものは多い。

法事で本堂に入れず、うろうろしていたら寺の人が雪舟のしおりを持ってきてくれた。親切な寺であった。

(2002年02月10日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット