サイトロゴ

ホーム知多・岡崎迷走(3日目)上地八幡宮

上地八幡宮

東海道線が境内を横切る。神饌所がある神社。

(愛知県岡崎市上地町宮脇)

地図・MAP
 
   
写真

上字八幡宮(うえじはちまんぐう)。勝鬘寺から南へ1kmほどいったJR東海道本線に面した神社。面している、というよりも境内を東海道線が通過している。

左写真は参道だが、参道の途中を線路が横断している。

写真

境内見取り図。氏子の清掃範囲が書かれているのがおもしろい。

なお、左図では建物の名称は見取り図通りに記入してあるが、実際は「秋葉」などは「秋葉社」と解釈すべきだろう。

写真

拝殿はかなり横に長い割拝殿タイプ。

割拝殿とは、中央部が通り土間のようになっていて、通行できる拝殿のことである。

写真

本殿は檜皮葺き三間社流造で、国重文。

三河一向一揆の起きた年代に焼失し、再建されたものだという。

写真

本殿の左側には、顕彰社(左写真中央)、秋葉社(左写真左奥)がある。

まだかなり風花が舞っているのだが、粒が細かくなってきたため、写真を縮小するとほとんど見えない。

写真

神饌所(しんせんしょ)。神饌所は神様にお供えする供物を調理するための建物とされている。

通常、神社に奉納される供物は米や酒などであり、調理せずに神前に備えるのだが、一部の神社では調理してから神前に供える場合がある。そのときに調理をする建物が神饌所だとされている。

だが、外見からしてそんな建物には見えなかった。もし加熱などの調理をせず、三方などに盛るだけであれば、「神饌所」ではなく 六所神社 にあった「御供所」という名称が適切だ。でも、わざわざ札がかかっているのだから神饌所なのだろう。

この手の社殿についてはもっと見る眼を養わねば…。

写真

本殿の右側には「うなり石」というものがあった。伝説があると案内板には書いてあったが、具体的にどんな伝説なのかは書かれていない中途半端な説明だった。

玉砂利を持ち帰ると、交通安全、旅行安全などの霊験があるという。

写真

神楽殿。

写真

社務所。

(2002年02月11日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット