サイトロゴ

ホーム赤城山南麓の稚蚕飼育所打越の霊柩車

打越の霊柩車

座棺用と思われるが装飾は現代の霊柩車に通じる。

(群馬県前橋市粕川町深津)

地図・MAP
 
   

東大室稚蚕共同飼育所は、この日の最後に予定していた訪問地だった。まだ日没までには少し時間があったので、旧粕川村、旧宮城村のほうへ行ってみることにした。ここから先は地図上での予備調査をしていない地域になるので、車窓から景色を見ながら適当に走るだけだ。

ここまでで赤城山のすそ野を西側から東側に向かって調べてきた。まだ東毛方面にはたくさんの飼育所があると思うが、キリがないのでどこかで線引きをしなければならない。そこで今日のところは、粕川という川を境として、その西側を時間があるかぎり回ってみることにした。

写真

大室から北上すると、旧粕川村に入る。最初に訪れたのは打越という字。打越は大室古墳群を見下ろす丘の上にある。丘は洪積台地で、沖積平野に半島のように伸びている。台地からの沖積平野の眺めはとても広々としていて、いかにも古代人が居を構えそうな場所だ。

その丘の上に、共同墓地があり、そこに霊柩車の車庫があった。

写真

南江木で見た物件に比べると、装飾面でかなりゴージャスになっており、現代の霊柩車に通じるものがある。

奥行は短かいので座棺タイプと思われる。ただし輿の部分はとても小さい。この中に座棺を収納できたのだろうか。

写真

共同墓地の片隅には、赤城塔があった。

(2007年02月13日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット