サイトロゴ

ホーム広島の仏殿と屋根付橋(1日目)甘南備神社

甘南備神社

長い参道の途中に鳥居や石段がある式内社。

(広島県府中市出口町)

地図・MAP
 
   
写真

甘南備神社。

府中市の北西にある神社。

長い参道が続き、道が山に突き当たった麓にある。

写真

参道の入口に一の鳥居(上写真)があり、少し進んだところに二の鳥居がある(左写真)。

二の鳥居の前後は石段があり、車道は鳥居を迂回するようになっている。

写真

参道は最後は狭くなって石段に変わる。

国旗がはためいているのが見えるが、この神社は全体的にかなり右寄りなムードが漂っていて息苦しい。

写真

石段の途中には社務所がある。

写真

その対面には宝物館。

写真

八脚門の随身門がある。例によって高床式の門で、きょうはすでにいくつも見ている。

門の先もまた石段だ。

写真

門の先の石段を登ると、左手には舞殿がある。

舞殿とは神楽を舞う社殿のことだから、神楽殿でもいいのだが、このように四方吹き放ちになった神楽殿のことを、私は勝手に区別して舞殿と呼んでいる。

写真

舞殿の対面には水盤舎と社務所。

社務所は2つ目だ。

写真

拝殿は入母屋平入りで、さきほど訪問した南宮神社の拝殿と似た雰囲気をもつ社殿である。

拝殿の左側に接続している建物は参籠所であろうか。

写真

南宮神社に本殿がなかったのとは対照的に、甘南備神社では幣殿が後ろに延びていて本殿へとつながっている。

写真

本殿は簡単に近づけないし写真も撮りにくい場所にある。

写真

境内の左手には、末社(左写真)や相撲の土俵がある。

写真

さらに左手奥には稲荷社があった。

(2002年08月26日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット