サイトロゴ

ホーム広島の仏殿と屋根付橋(1日目)三原八幡宮

三原八幡宮

付近は公園になっていて、露天桟敷のような空間がある。

(広島県三原市西宮1丁目)

地図・MAP
 
   
写真

法常寺から東へ向かって寺町を移動する。

三原八幡宮は境内も広く、周囲は公園になっている。

境内入口には大きなコンクリ鳥居。その右側に社務所がある。

写真

参道はゆるい石段で雑木林の中を登っていく。

写真

山門は八脚門の随身門。門の手前になぜか掲示板のようなものが2つ立てられている。

野良と思われる犬の兄弟が出迎えてくれた。

写真

拝殿は、出雲大社のような作り。「出雲大社のような」については、以前に尾道の艮神社でも書いた通り。

写真

拝殿の前には茅の輪が作ってあった。この輪を左回りに∞のカタチを描いてくぐることで厄落としをするという装置である。

6月と12月の大祓のときに設置するのが普通だが、その季節でもなかったので、一年中設置されているのかも知れない。

写真

本殿は石の間を経由してつながっており、作りは流造。

写真

拝殿の左側には太鼓橋がついていて「神饌殿」という建物につながっていた。神饌殿とは、神様に捧げる供物を調理するための専用の建物である。この建物で調理された供物が、橋を渡って拝殿に運び込まれるのであろう。

さらに神饌殿の扁額の下に、小さな表札のようなものがあり「直会殿」とも書かれている。直会殿とは、祭事のあと神様に捧げた供物やお酒を下げてきて、氏子などが飲み食いするための建物である。供物が太鼓橋を渡って戻ってくるときには、建物の機能は直会殿へと変化するという極めて合理的な作りだ。

写真

拝殿の右側には末社の天神社。

写真

神楽殿。

写真

舞殿(?)。

写真

末社があった。

他に、水盤舎×2。

写真

境内地は公園になっているのだが、その一角に円形のスタジアムのような場所があった。

周囲は石積みの露天桟敷状になっている。馬場、あるいは、草競馬の跡かとも思ったが、ちょっと狭いようにも思える。ここはなんなのだろうか。

時間が押していたので、写真を1枚撮っただけだったが、場合によっては独立したページで紹介するに値する物件かもしれない。

(2002年08月26日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット