サイトロゴ

ホーム下仁田・富岡・甘楽の稚蚕飼育所松井家住宅

松井家住宅

江戸中期といわれる豪農の母屋が移築されている。

(群馬県甘楽町小幡)

地図・MAP
 
   
写真

秋畑の段畑を見た帰りに、甘楽町の道の駅で飲み物を補給した。その道の駅の裏に古民家が移築されていたので見学。

町の案内板によれば、「当遺構は、甘楽町大字小川において、江戸時代、名主を務めた松井家を移築復元したものである。建築年代は十八世紀から十九世紀初頭(江戸中期)と推定され、この地方の農家造りとして、古い建築手法をよくとどめている。構造は木造、平屋建て、寄棟造り、草葺である。」とあった。

写真

どのあたりに古い建築手法をよくとどめているのか、あと一声、書いてくれたら見学の手引きになると思うのだが、少し情報不足。

おそらく移築直前の姿は2階建てだったのだろう。そのためか、移築後にもこのように2階部分に採光が作られている。だが案内板によれば初期の姿は平屋だったのだろうから、この2階窓の解釈は合っていないように思う。

写真

内部の間取りは、3間取りに再現されていた。柱や壁も少なく開放的な間取り。

奥の畳の部分の復元は、床の間のある座敷が10畳、寝室側が6畳という分けかたで、2部屋分が連続した座敷として解釈されている。

(2009年04月30日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット