サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の洞窟寺院時計塔近くのブティック

時計塔近くのブティック

敷居の低い感じの店で、メンズが充実。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

中央マーケットの時計台の近くにあったブティック。

先に紹介した店よりは少しだけ敷居が低い。

写真

房がたくさんついたカレン風ドレスはこちらにも売っている。

写真

上着は単純な貫頭衣なのだが、マネキンに着せるときには脇の裏側を引っ張るようにして、体のラインが出るようにしてあった。

この上着をそのまま着るとこんなふうにはフィットしなくて、ずんどうに見えてしまう。若い子は自分で直して、スリムに見えるようにして着ている。ミャンマーでは以前はふくよかな女性がよいとされていた時代もあったらしいが、現代ではスリムなほうがいいらしい。

写真

この店の特徴は、メンズの民俗衣装も売っていることだ。男性も本的に貫頭衣で、胸元には「陣太鼓と水牛の角」のカレン族のシンボルマークが刺繍されている。

滞在中、男性がこの衣装を着ているのを見たのは民族祭のダンスステージ上だけだ。正直これを着て歩いたら「あーっ、お祭り男発見っ!」という感じでかなり目立つだろう。

女性はときどき民族衣装を着ている人を見かける。

写真

けっこう胸元が開いているものもある。上の段は若い子向きか。

写真

ロンジー売り場。これはすべてレディース。ちなみに男性のロンジーは紺とか小豆色とかでジミなものばかり。

現地ではこうした鮮やかな横縞の模様を着ている女の人が多かった。折れ線の模様は竜を表わし、菱形は魔よけどいうような話も聞いたが、このロンジーの模様が歴史的に本当にカレン族のものなのかは確証が得られなかった。民族博物館でみた唯一の古布は、赤、青、白の色使いで刺繍がメインだったからだ。

写真

横絣(よこがすり)の模様は、日本でもありそうな柄。

写真

シャンバッグもいろいろ売っていた。

これも土産品ではなくて実用品で、実際によく使っているのを見た。

写真

ここは、先ほどの店から歩いて近くの別のブティック。

映画館の前あたりになる。

小さな店だが、ビルマ族好みのロンジーを置いている。つまりカレン族の伝統衣装を扱う店ではない。

後ろのケースにある模様は、たぶんミャンマーの古都マンダレーのほうで作られているものだと思う。

写真

マンダレー付近にあるアマラプラという町は、織物の産地でシルクの製品も作られている。

これはタテ糸、ヨコ糸両方がシルクで織られたロンジー。写真ではわからないが、青く輝く美しいものだった。

写真

値段は確か日本円で2万円くらい。現地の感覚でいえば20万円になる。こちらとしては良いものだったら奮発して買うのもありだと思っているのに、店の人はまったく売る気なし。たぶん、この店で一番高い商品であり、ふらっと入ってきた客が買うとは思っていないのだろう。

ミャンマーでシルクのロンジーは金持ちの結婚式とかよほどの場合でなければ着ないものらしい。

(2014年02月05日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット