サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の洞窟寺院陸軍横のヒンドゥー寺院

陸軍横のヒンドゥー寺院

アジアンハイウェイ1号線に面した青い塔門。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

パアン市の中心街は、Asian Highway 1号線に沿って発達している。

東から市街地に入るあたりは、片側2車線+路駐ゾーンがあり道幅も広い。まさにハイウェイと呼べる道だ。

道に沿っていろいろなお店が並んでいるので、それを見物しながら歩いてみた。しばらく歩くと、陸軍のキャンプがあり、その近くにヒンドゥー寺院があった。

写真

寺の名前はわからずじまいだった。地元の人に聞いても「あれは Hindu Temple ダヨ」と言われるばかり。カレン州のちょっとした町にはだいたい1ヶ所はヒンドゥー寺院があるのを見かけるが、仏教寺院に比べるとあまり数は多くないので、異教徒には「ヒンドゥー寺」で通用してしまうのかもしれない。

道に面したところに青い塔門がそびえ立っているので、いやがうえにも目立つ。

写真

「塔門」とはこのような多層になった門のことで、インドのヒンドゥー寺院に見られるものだ。「ゴプラ」とも言うらしい。

青い壁を基調に、黄色の神像がたくさん並んでいる。

この門の高さは、三階建てくらい。

写真

メインの入口は鉄の柵が閉まっていた。

柵にポスターが貼られているのを見るかぎり、1月20日と1月28日に祭りがあるのだろう。

写真

横の通用門っぽいところが半開きになっていたので、境内に入ってみることにした。日本人はインドのカーストで言えば上のほうらしいから、怒られたりしないだろうと信じて。

ヒンドゥー教の寺院に入るのは、これが初めてだと思う。

写真

外から見えた塔門のようなものは、その後ろの建物と接合していた。これが変則的な造りなのか、ありがちな造りなのかはいまのところ私には判断できない。

ヒンドゥー寺院の伽藍配置は、おおざっぱに言えば、日本の神道における「本殿・拝殿」に近い構成で、「聖室(ガルバグリハ)・拝堂(マンダパ)」からなる。聖室の上には塔が立つ。

また塔の形で様式を判断できるという。この寺の場合は、長方形のピラミッド状なので、インド南部に多いドラーヴィダ様式だと思う。

写真

柱にも極彩色の彫刻がある。

ヒンドゥー教、けっこう自分の感覚に合っている気がする。

写真

建物の入口は鉄格子が閉まっていて入れなかった。

外から見ると、四本柱が見える。この建物はたぶん、拝堂に相当するもので、奥に聖室があるのだろう。

写真

境内の南の角に、小さな石製の神像が並んでいる場所があった。

ミャンマーの仏教寺院にある八曜日の守り本尊を思わせるものだ。

写真

その前にはバケツが置かれ、油っぽい液体が入っていた。

神像の黒ずみかたからして、この油で神像を清めるのではないだろうか。

写真

境内の北角にあった色鮮やかな祠。

手前が吹き放ちになっていて、牛が祀られている。奥は堂になっていて、神様がいた。

写真

吹き放ち部分にあったユーモラスな牛。

油で黒光りしている。

神様の乗物ではないかと思う。

写真

奥の堂内にいた神様。

誰なのかは不明だが、やはり油で黒光りしており、目、鼻、口が金色に光っているのが禍々しい感じだ。

写真

食堂(じきどう)ではないかと思われる建物。

写真

内部は広いので、信徒がかなり入れそう。

奥に寸胴鍋が見えるので、たぶん食堂という判断でいいのだろう。

写真

境内の外にもほこらがあった。

ほこらの後ろには、ガジュマルのような感じの樹。ミャンマーではこうした樹に精霊の祠が取り付けられているのを見かける。

写真

祠の屋根の上には牛が並んでいる。

ということは、精霊関係ではなく、ヒンドゥー教関係ということなのだろう。

いつかちゃんとヒンドゥー教の伽藍の見方や参詣の仕方などを覚えたいものだ。

(2014年01月26日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット