サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の洞窟寺院アミターヤマ寺院

アミターヤマ寺院

池に浮かぶインド風の仏教寺院。灯明祭りがある。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

ヒンドゥー寺から先は、道の片側は軍隊の敷地が続き、お店の数も少なくなる。歩いていてもあまり見るべきものもなさそうだったので、サイッカーに乗ってマーケットまで移動した。

ここはパアン市の中央マーケットの最もにぎやかなエリア。長距離バスの停留所もこの通りにある。

写真

その通りに、お寺の総門らしきものがあった。

総門の形式は、3つの建物を載せた形で、ズェガビン山西登山口の寺と似ている。ただし載っている建物がこちらではインド風だ。

写真

総門を入ってもすぐに寺は見えない。

でも、仏旗が飾り付けられているから仏教寺院なのは間違いないだろう。

写真

しばらく路地を進むと、広い境内に入った。

地面にキャンドルを並べて文字を作っている。どうやら今日はお祭りのようだった。

キョロキョロしていたら、お坊さんがやってきて、

「アンタたちはニホンジンか。ならついてきなさい」

案内してくれることになった。

写真

最初に行ったのは食堂。

左上の写真の建物だ。この寺は、境内に入って最初にある建物が食堂なのである。

内部ではお祭りの準備で、信徒に振る舞う料理を作っているところだった。ビニール袋に入った、ココナツ味の油っこいおこわをくれた。

写真

地面はコンクリできれいになっているし、回廊もあるのでサンダルを脱ぐべきかと思ったが、現地の人たちも境内はサンダル履きだった。

写真

「ウチの寺はインド形式ダヨ」

というようなことを言っていた。

確かに、インドのブッダガヤにある大菩提寺の仏塔を模した造りになている。

写真

本堂ほかの建物はどれも池の中に建てられていた。とても水の多い寺なのだ。

このページの右上の地図をクリックすると、航空写真が見れるので伽藍の様子はそこを見たほうがわかりやすいかも。

写真

本堂の入口でサンダルを脱いで中に入った。

床にはコーラムが作ってある。色付けしたコメで描いた砂絵だ。建物だけでなく、祭りの方法もインドスタイルなのか。

奥に仏陀のジオラマがある。ここで拝礼するべきという空気だったので、例の三回拝礼をやる。

写真

「次はこっちだヨ」

お坊さんが慌ただしく次の堂へ向かう。

写真

メリーゴーランドを思わせる八角堂だ。

写真

八角堂の内部は大きめの砂絵が作られていた。

写真

キャンドルを準備する信徒たち。

写真

キャンドルは油に浸したヒモで、このお兄ちゃんが作っていた。

写真

八角堂のほうから本堂を見たら二階に人影が見えた。

思わず「なにこの本堂、二階があるじゃん!? 自分は二階建ての仏堂に目がないんだよね、登りたいな~」とお坊さんにお願いしていた。えー、とっさにこれを英語で言えるほど語学力はないので、モロに日本語だったのだが、思いは伝わったみたいだ。

写真

「しょーがないな、ココから登っていいヨ」

また本堂に戻って今度は奥の方に連れて行かれる。

本堂のお釈迦さまの祀られているところの横に、見えない角度で狭い通路があったのだ。

こういう隠し通路はワクワクする。

写真

さすがにこれ以上は変な日本人に付き合いきれないと思ったのか、お坊さんは「夜の6時からお祭りが始まるから、また来るんだヨ」と言い残して戻って行った。

ここからは自由に参詣できることになった。

写真

二階からみた回廊。

二階(屋上)の床は工事現場のような感じでコンクリ片が散乱していたり、ゴミが捨ててあったりで、荒れた状況だった。

普通の感覚で言えば、裸足で歩き回りたい場所ではない。

写真

それでも、二階には小さな祠がいくつかあり、ジオラマが祀られていた。

誰がこのジオラマを見るんだろう。

写真

一階に戻る。

この本堂はロの字状に二重の通路があり、中央は雛壇状になっている。通路はこの雛壇の前と裏を巡回できるようになっている。

この通路を一回りしてみる。なぜお坊さんはこの通路を案内してくれなかったのだろう。

写真

これが日本だったら、この巡礼空間だけで見に行ってしまうんだが。

写真

建物の平面は正方形で、その4面にそれぞれ仏陀のジオラマがあった。

写真

外周にはまったりしすぎている信徒も。

夕方から始まる祭りに備えて、いまのうちに寝ておこうということか。

写真

寺の使用人の住居と思われる小部屋が池の上に作られていた。

見ていると、窓から残飯を投げ捨てている。池の水はあまり清潔とはいえないようだ。

写真

寺の裏手に空き地があり、そこには移動式の遊園地が造られていた。

これはたぶん自転車の曲乗りのサーカスの小屋だろう。

写真

移動式の観覧車。

日本で見る観覧車と違って、ゴンドラにすべて人を乗せてからけっこうなスピードで回転する。どちらかといえば回転ブランコのような遊具だ。

写真

小型メリーゴーランド。

写真

鐘楼。

本サイトでは、二階建ての鐘つき堂を「鐘楼」、平屋の鐘つき堂を「鐘堂」と読んで区別している。

これは明らかに二階建てなのだが、二階に仏陀がいて、鐘は一階部分にある。二階ということなので、「鐘楼」とした。日本でこの形式は見たことがない。

写真

境内をひと回りして、入口のほうに戻ってきた。

ここは寺務所、兼、庫裏ではないかと思う。

写真

薄暗い中廊下の両側に部屋が続いていた。

この日は結局、夕方になる前にホテルに戻ったので、残念ながら灯明祭りは観られなかった。

あとで聞いたところでは、この祭りは1年に1回だけだという。

(2014年01月26日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット