サイトロゴ

ホーム県都前橋生糸の市源英寺

源英寺

児童遊園地の裏に面していて前橋藩主の肖像を所蔵する。

(群馬県前橋市大手町3丁目)

地図・MAP
 
   
写真

源英寺は前橋児童遊園地「るなぱあく」の北側に敷地を接してある寺。

かつて、遊園地に観覧車や飛行塔があったころ、それらに乗ると他にあまり見るものもないので、寺の墓地や本堂を上から眺めた記憶がある方も多いだろう。

写真

山門は袖塀付きの薬医門。

写真

この寺は江戸時代の大名、酒井重忠の(元)菩提寺である。いまも自画像を伝えているという。

重忠は徳川家康の家臣で関ヶ原の戦いのあと前橋に3万3,000石の所領を与えられ、近世の前橋城を築いた人物。「下馬将軍」とあだ名された大老酒井忠清は、重忠のひ孫にあたる。

酒井家の菩提寺はのちに市内の龍海院へと変わり、重忠の墓所もそちらに移されてしまった。

写真

本堂はRC造で、屋根は飾り気のない直線的な入母屋造。

写真

玄関と庫裏。

玄関に付属した建物は、客殿かなにかだろう。

写真

境内には、信徒休憩所がある。

公園などの散策で訪れたひとが休憩してもいいようだ。

土曜日の午後2時から、無料の座禅会も開催している。

写真

本堂の裏のほうへ行ってみよう。

写真

本堂の横には無縁仏の置き場。

舟形や駒型の墓石が目立つ。

江戸初期~江戸前期くらいの墓石が多いのではないか。

写真

墓地は児童遊園地の北側に広がっている。

飛行塔からこの墓地、眺めたなあ・・・。

写真

墓地の南側には土手が続いている。これは前橋城築城のときに作られた人工的な地形だと思われる。

前橋城に生活用水を引いたとされる風呂川はこの上を流れている。

(2015年12月20日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット