サイトロゴ

ホーム県都前橋生糸の市前代田の水車小屋跡

前代田の水車小屋跡

風呂川にかけられた水車の遺構。

(群馬県前橋市表町1丁目)

地図・MAP
 
   
写真

若草公園の南側、表町1丁目の風呂川が流れている一角は、かつて前代田(まえしろた)と呼ばれた場所だった。城の南側の田んぼというような意味だという。

戦前、いまの若草公園から南の風呂川の両岸には鯉池が並んでいた。そして川の東岸には水車小屋があった。私が子供のころにはまだ建物が残っていて、内部には臼や杵が見えたのを覚えている。左写真の黒い車が駐車してある場所である。

写真

現在、その場所は人家の庭になっていて「水神」という石塔と、石臼が残っている。水輪を回すための水路は写真奥のブロック塀に沿って作られていた。

臼はひき臼の上下、および、搗き臼である。あまりにも昔のことなので記憶があいまいだが、臼は3連だったような気がする。用途は精米や製粉だったろう。戦後にもこのあたりにはまだ水田があったのだ。

写真

取水部は小屋の北側の水門があるあたり。

このページ右上の地図をクリックしてみてほしい。風呂川がクランク状に不自然に曲がっている場所がわかると思う。水門で水位を上げられて、別の水路に流れ込むようになっていたのである。

写真

その水路は、この写真の正面からこのまま真南に流れ、現しののめ信用金庫の建物のすぐ西を流れてまた風呂川に合流していた。

この部分には風呂川にはめずらしい落差があり、おそらく導水された水路は「下掛け」で水車を回したと推測される。

写真

水門部分で水位が上がって水がオーバーフローした場合は、水車側水路に過剰な水が流れ込まないように、まっすぐに水を排水するトンネル水路もあった。左写真の左下あたりに開口部があったのだが、風呂川が三面コンクリートに改修されたときに埋められてしまった。

いまではクランク状の流れが、ここに水車があったことを物語っている。

前橋市の古い地形図を見ると、風呂川には沢山の水車がかかっていたことがわかる。だが現在、痕跡が確認できるのはここだけではないかと思う。

(2010年01月09日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット