サイトロゴ

ホーム県都前橋生糸の市下佐鳥の環濠屋敷

下佐鳥の環濠屋敷

屋敷は小さくなったが濠は残っている。

(群馬県前橋市下佐鳥町)

地図・MAP
 
   
写真

下佐鳥(しもさどり)集落へとやってきた。

環濠屋敷を見るためである。集落内の道はクランク状に折れ曲がっていたり、突き当りが多かったりで、まるで城のなわばりのようだ。

集落のすぐ西には、阿内(あうち)城という戦国時代の平城の跡もあり、そうした影響も受けている地割りなのかもしれない。

写真

環濠屋敷はその集落の中心にある。屋敷と言っても、現在は平屋の小さな家があるだけで、これまで見てきたような大きな農家ではなかった。

農業をやめて土地を分筆したのだろうか。東半分には今風の住宅が建っているが、それでも残った敷地は500坪くらいはありそう。

写真

宅地への入口はやはり土橋になっている。

写真

南西の角から東方向を見たところ。

写真

南西の角から北方向を見たところ。

さらったら、鯉やナマズくらいは採れそうな雰囲気がある濠になっている。

写真

南東の角から西方向を見たところ。

写真

南東の角は住宅地になっていて、むかしの濠の位置はここではなかったかもしれない。

写真

北西の角から東方向を見たところ。

分かりにくいが、写真中央の茂みの中は空堀になっている。北側の濠は、道路よりも3mくらい内側にあったようだ。

写真

屋敷の敷地を西から見たところ。

屋敷森もまばらになってしまって、徐々にお屋敷の雰囲気は薄れつつある。

(2014年12月27日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット