サイトロゴ

ホーム県都前橋生糸の市嚮義堂

嚮義堂

江戸時代の郷校の跡。

(群馬県玉村町樋越)

地図・MAP
 
   
写真

樋越の集落の中央に、嚮義堂(きょうぎどう)という建物がある。伊勢崎藩の郷校の跡だという。

江戸時代に藩士を教育するために諸藩が設立した学校を「藩校」という。その藩校の分校的なものが「郷校」である。

写真

嚮義堂は1808年に設立され、明治5年まで漢学を教える学校として続いた。学んだのは農民の子弟で、農閑期に通ったという。

写真

現在の建物は郷校時代のものではないそうだが、詳細は不明。

修繕されているが、基本的な造りはけっこう古そう。屋根を茅葺きから瓦に葺き替えただけで、案外建物は古いままなのではないか。

写真

内部の様子。

写真

嚮義堂のいわれを書いた碑が敷地内に残っている。

写真

屋根瓦には「學」の文字がある。

(2014年12月28日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット