サイトロゴ

ホーム県都前橋生糸の市

県都前橋生糸の市

かつて生糸の産地として名をはせた前橋市。2010年を過ぎてから、その面影を探してみた。それはまるで渇いた雑巾を絞るような旅だった。

 
   
広域地図

県都(けんと)前橋生糸(いと)(まち)」というフレーズは、群馬県人ならば必ず聞いたことがあるはずだ。群馬県の郷土かるた『上毛(じょうもう)かるた』の、前橋市の読み札である。

上毛かるたが作られたのは、戦後まもなくのことで産業に関する札は現在の実情とは合わなくなってきている。絹産業に関する札は「繭と生糸は日本一」、「県都前橋生糸の市」、「桐生は日本の(はた)どころ」、「銘仙(めいせん)織り出す伊勢崎市」、「日本で最初の富岡製糸」の5枚がある。これらの札をみたとき、ひときわ実感しにくい札が前橋市である。なぜならば前橋市は糸の町と言いながら、製糸の博物館などがあるでもないし、製糸工場の遺構が軒を連ねているというわけでもない。

古くから住んでいる人は、前橋には製糸工場が沢山あったことをまだ記憶しているだろう。全盛期には前橋市内だけで500軒の製糸工場があったという。当時の前橋はまだ周辺町村を合併しておらず、面積もいまよりずっと狭かった時代だから、町のそこかしこで繭を煮る独特の匂いが立ち込めていたはずだ。しかしそうした製糸工場もひとつ消え、ふたつ消え、気がついてみたらほとんど見かけなくなってしまった。

「 いやまてよ?」「 "ない" と思うから見えないだけであって、よく探せばまだ製糸工場が残っているのではないか?」と思ったのは2010年ごろのことだった。それから何度か前橋を訪れては町を歩いてみた。

しかし、生糸の町の面影を求めて前橋をさまようのは、さながら渇いた雑巾を絞るような所業だった。結論から言えば、思い立つのが10年ほど遅かったのだ。それでも、石碑ひとつ、門柱一本でも残っていれば、それをもって生糸の町の証として記録に留めることにした。

旧蚕糸試験場事務棟(前橋市敷島町)蚕糸関連の資料館になっていて展示は充実している。

敷島浄水場(前橋市敷島町)水道タンクは国登録有形文化財では役不足な感じが。

敷島公園の鏡餅滑り台(前橋市敷島町)滑走面は樹脂製、鏡餅のような滑り台。

飛石稲荷神社(前橋市昭和町3丁目)石工がノミを入れたら血が流れたという伝説がある。

観民稲荷神社(前橋市岩神町2丁目)前橋城北西の要、風呂川の守護神。

静御前の墓(前橋市岩神町2丁目)京都へ上る途中この地で亡くなったという。

坪内撚糸(前橋市岩神町2丁目)前橋市で最後の専業撚糸工場。

岩崎撚糸(前橋市岩神町2丁目)前橋市に残る唯一のノコギリ屋根ではないか。

藩営前橋製糸所跡(前橋市岩神町2丁目)「日本で最初」は富岡製糸場ではなかったのだ。

岩神町界隈の風呂川(前橋市岩神町1丁目)風呂川の全域で最も風情のある場所。

柳原発電所(前橋市大手町3丁目)広瀬川と利根川の落差を利用した発電所。

るなぱあく・もくば館(前橋市大手町3丁目)国登録有形文化財の木馬。

箪笥屋横丁(前橋市大手町3丁目)木工職人が軒を連ねる通りだった。

新井撚糸(前橋市大手町3丁目)撚糸工場が集まっていた場所だったという。

栗田機業場(前橋市大手町3丁目)広瀬川に面した機業場。

家具工房あらい(前橋市大手町3丁目)箪笥屋横丁に最後の工房だったが最近看板を下ろした。

神明宮(前橋市千代田町1丁目)境内の池には銭洗い弁天の島がある。

源英寺(前橋市大手町3丁目)児童遊園地の裏に面していて前橋藩主の肖像を所蔵する。

池田撚糸(前橋市平和町2丁目)合撚機を使って座繰糸のカバーリングも手がけた。

平和町の三階蔵(前橋市平和町2丁目)元農具店の店蔵だったようだ。

桜井撚糸(前橋市昭和町2丁目)建屋はたぶん当時のままだろう。

赤玉染店(前橋市昭和町2丁目)京呉服を扱う呉服店。裏手には工房のような棟が。

宮製糸所(前橋市平和町2丁目)庭にはカイコの供養碑が建つ。

雷電神社(前橋市平和町1丁目)境内はほぼ駐車場になっている。

丸大製糸(前橋市国領町1丁目)いまでも表札が残っている。

三栄撚糸(前橋市若宮町2丁目)長谷式撚糸機を使った強撚糸が得意だった。

前橋乾繭場跡(前橋市若宮町3丁目)西大室町に移転後、平成8年まで操業した。

新林製糸(前橋市若宮町1丁目)玉糸製糸所だったが早い段階で廃業したという。

菊水小林製糸所(前橋市若宮町2丁目)前橋に残る唯一の本格的繰糸場建築。

旧安田銀行担保倉庫(前橋市住吉町2丁目)戦後、乾繭取引所の倉庫として、繭と生糸が収蔵された。

大野商店(前橋市住吉町2丁目)繭の仲買い商だったらしい。

愛宕神社(前橋市住吉町2丁目)境内にはかつて芝居小屋があった。

あたご歴史資料館(前橋市住吉町2丁目)戦争資料が充実、庭に防空壕の模型がある。

交水堰(前橋市住吉町2丁目)交水社という製糸工場の取水堰だったという。

相川染工場(前橋市千代田町5丁目)オリジナルの幟や袢纏地をオーダーできる染め工房。

萱町出世稲荷神社(前橋市千代田町5丁目)飲み屋街の横丁にある小さな神社。

大蓮寺(前橋市千代田町3丁目)アーケード街「弁天通り」の由来になった弁天様がある。

呑龍マーケット跡(前橋市千代田町3丁目)戦後の闇市の雰囲気を残す飲み屋街だった。

妙安寺(前橋市千代田町3丁目)戦災で古い堂宇は残っていない。

中央通りの新井屋(前橋市千代田町2丁目)まるで時間が止まったような中華そば屋。

馬場川通りの舟つなぎ石(前橋市本町2丁目)渡し舟をつないだ石だという

日蓮宗玄妙結社(前橋市本町2丁目)日蓮宗の教会か。馬場川通りに面している。

初市まつり(前橋市本町2丁目)「だるま市」とも呼ばれる大きな市。

前橋八幡宮(前橋市本町2丁目)社殿が建つ小山は古墳。

旧勝山社レンガ蔵(前橋市本町2丁目)元製糸会社が織物会社になってから建てた蔵。

県庁前通りのオフィスビル(前橋市大手町2丁目)三階のオフィスビルは都市計画の名残か。

前橋カトリック教会(前橋市大手町2丁目)RC造ゴシック風様式の教会建築。

長壁神社(前橋市大手町1丁目)姫路城の長壁神社を遷座したものだと伝える。

お杉さま(前橋市紅雲町2丁目)長尾謙忠という武将の首塚といわれている。

若草公園の滑り台(前橋市表町1丁目)「ヤマ」や「パイプすべり」があった。

前代田の水車小屋跡(前橋市表町1丁目)風呂川にかけられた水車の遺構。

代田神社(前橋市南町3丁目)境内には淡島神社が合祀されている。

贄田製糸所(前橋市南町1丁目)玉糸や座繰り糸を製造した製糸工場だった。

前橋蚕業事務所跡(前橋市紅雲町1丁目)おそらく門柱が当時のものだろう。

総社神社(前橋市元総社町1丁目)小正月の夜に執り行われる筒粥の神事。

ニッケン通商(前橋市石倉町5丁目)いまも現役の頼りになる絹糸商。

蚕糸技術センター(前橋市総社町総社)群馬県の蚕品種を管理する研究施設。

生糸検査所(前橋市総社町3丁目)前橋市の文化財保護課の建物になっている。

春日神社・蚕の舞(前橋市上佐鳥町)養蚕の作業をこっけいに舞う神楽が伝わる。

前橋蚕種(前橋市後閑町)前橋南部に出荷していた蚕種組合だった。

橳島用水の水力発電所跡(前橋市ぬで島町)むかし水力発電所があったという。

橳島稚蚕共同飼育所(前橋市ぬで島町)前橋市南部ではめずらしい飼育所。

橳島公民館の遊具(前橋市ぬで島町)昭和の古い遊具が残る博物館のような公園。

橳島の長屋門(前橋市ぬで島町)農家の長屋門だけが残る敷地。門前には濠があった。

公田城と五重塔(前橋市公田町)道ばたにたたずむ鉄筋製の城。

公田の岩船地蔵(前橋市公田町)願掛けがかなうと赤い衣装を着せるという。

六角豚舎(前橋市公田町)平面が六角形の木造豚舎。

公田の渡し跡(前橋市公田町)前橋市内で最後まで残った渡し舟だった。

熊野神社(前橋市公田町)わずかな土盛りの上に建つ神社。

熊野神社の三角滑り台(前橋市公田町)いまひとつ遊びかたがわからない。

乗明院(前橋市公田町)東西南北を濠で囲む、環濠屋敷を思わせる寺院。

西原の環濠屋敷(前橋市上佐鳥町)西南東の三面に環濠の跡が確認できる貴重な遺構。

中原の環濠屋敷(前橋市上佐鳥町)東側に立派な濠が残る。

竜門の環濠屋敷(前橋市亀里町)近いうちに濠は消滅するだろう。

竜門の三峯神社(前橋市亀里町)梵天のようなものがあった。

下佐鳥の環濠屋敷(前橋市下佐鳥町)屋敷は小さくなったが濠は残っている。

極楽寺(前橋市亀里町)西と南の二面に環濠が残っている。

善光寺(前橋市鶴光路町)境内には放生池がある。

下川淵村英霊殿(前橋市鶴光路町)日露戦争の戦没者の慰霊の施設。

鶴光路の環濠屋敷(前橋市鶴光路町)西と南の濠にいまでも水をたたえる。

横手の富士塚(前橋市横手町)古墳を使って造営された富士塚。

上州善光寺北向観音(前橋市新堀町)鶴光路の善光寺に対して作られた写し霊場。

新堀神社(前橋市新堀町)境内に百庚申がある、新興住宅地の中の神社。

力丸城跡(前橋市力丸町)町内の地割りに城の縄張りのなごりを感じる。

善昌禅寺(前橋市力丸町)境内に千手観音の大きなコンクリ仏がある。

力丸町霊園(前橋市力丸町)陸屋根の中央に三角の切妻を加えた造形の霊廟。

四体大明神(前橋市徳丸町)五差路の中島に神社がある。

鶴光路の集乳所(前橋市鶴光路町)菅原神社の前にある小さな集乳所。

下阿内の集乳所(前橋市下阿内町)小さいがバルククーラー式だったようだ。

樋越の環濠屋敷(玉村町樋越)二つ櫓を載せた養蚕農家の豪農。

樋越のミニ火の見櫓(玉村町樋越)カーブの突き当りにある小さな火の見。

嚮義堂(玉村町樋越)江戸時代の郷校の跡。

樋越の諏訪神社(玉村町樋越)境内には遊動円木がある。

飯塚の環濠屋敷(玉村町飯塚)石垣積みの濠と白壁が美しい。

稲荷町の環濠屋敷(伊勢崎市稲荷町)屋敷はなくなっているがわずかに濠が確認できる。

群馬県繭検定所(前橋市上大島町)農家から出荷された繭の等級を決める施設だった。

関口養魚場(前橋市文京町1丁目)前橋駅南のなつかしい風景を残す場所。

村島養鯉場(前橋市文京町1丁目)まだわずかに池の跡が残っていた。

栢野撚糸工場(前橋市朝日町2丁目)シルク製品をつくっている現役の工場。

十六本堰(前橋市城東町4丁目)怖いような堰だったが、平成12年に改修された。

大竹酒造(前橋市三河町1丁目)煉瓦蔵は改修されるまえに見たかった・・・。

丸山染色工場(前橋市本町3丁目)馬場川で川晒しをする暖簾やのぼりの染め工場。

亀田屋製糸(前橋市城東町4丁目)製糸工場が建ち並んでいた地域にいまも煉瓦の壁が残る。

奈良製糸所(前橋市日吉町2丁目)レンガ造りの倉庫が今も残る。

蛭川繭糸店(前橋市三俣町2丁目)前橋の玉糸を購入できる小売店だった。

松井三郎商店(前橋市三俣町2丁目)おそらく前橋最後の副蚕糸の仲買い商だった。

群馬県是蚕種協同組合(前橋市富士見町原之郷)いまは農業ハウスの施工会社になって残る。

樺澤商店製糸部(前橋市小神明町)芳賀工業団地にいまも建物が残る国用製糸工場。

小暮の時計台(前橋市富士見町小暮)夏草に埋もれつつある時計。

石田明雄工房(前橋市富士見町田島)節糸と呼ばれる太繊度の座繰糸を作る製糸場。

赤城大沼用水の円筒分水(前橋市富士見町赤城山)二重連の円筒分水で4つに分水している。

不動川のマイクロ水力発電(前橋市富士見町時沢)いろいろ考えさせられてしまう発電所。

橘神社と福守さま(前橋市田口町)前橋の花街の信仰が厚かった性神。

研業社・関根製糸所跡(前橋市関根町2丁目)明治初期、群馬を代表する製糸場のひとつだった。

関根町の水場(前橋市関根町)野菜や農具を洗った水場の名残か。

関根発電所(前橋市関根町)取水側の水位が高いのが見ていて怖い。

関根町のサイフォン群(前橋市関根町3丁目)住宅街に小さなサイフォンがいくつもある。

市杵島神社(前橋市川原町1丁目)境内に百庚申や馬鳴菩薩像がある。

大興寺(前橋市川原町1丁目)本堂は前橋城内にあった屋敷を移築したもの。

日輪寺(前橋市日輪寺町)夜な夜な絵馬の馬が暴れ出たという伝説がある。

日輪寺幼稚園跡の遊具(前橋市日輪寺町)幼稚園の足洗い場も見逃せない。

菅原神社(前橋市日輪寺町)巨大な向拝をもつ重厚すぎる拝殿。

   

他の旅