サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の雨季ドゥエイ寺院

ドゥエイ寺院

結婚式をするための寺院らしい。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

レーケー僧院に立寄ったあと、近くの農園を見学したのだが、その農園のすぐ近くに寺があったので寄ることになった。

どうも結婚式に関係した寺院、あるいは、宗派らしい。同じ宗派の寺は、ズェガビン山の反対側の村にもあるそうなので、チェーン展開しているのかもしれない。

山門は八脚門ふうで、左右には象の像がある。

写真

白い象だ。ミャンマーでは徳のある王の治世に、白象が出現すると言われている。

象使いは、凶器のようなものを持ってる。象が言うことを聞かないとき、これで頭を殴るのかな。

写真

日本の八脚門には仁王像が入っていて、左右で阿吽の形をしているわけだが、ここの山門では左右で象の向きがちがっている。

なんと、左側ではお尻を向けているのだ。

写真

山門から本堂までは屋根付きの回廊が続く。

日本人的な判断としては、ここで履物を脱ぎたくなるのだが、同行したミャンマー人はサンダル履きのまま進んでいく。

写真

回廊の途中には講堂と思われる建物がつながっている。

写真

水がめ。

写真

これが本堂。

パゴダを中心にして円周状に回廊が作られている。

ミャンマーではパゴダの内部はレンガが詰まっていて、室内はないのが普通なのだが、ときどきこのように建物とパゴダが一体化したお寺も見かける。

写真

本堂の入口で履物をぬいだ。

写真

回廊の外周はベンチが並んでいて、信徒がくつろげるようになっている。

結婚式のとき、村人がここで休むのだろう。

写真

回廊は二重になっている。

これは内側の回廊。いろいろなお供え物が並べてあった。

写真

回廊の中心は空洞になっている。

写真

窓枠にはカレン民族にシンボルである、太鼓と水牛のシンボル。そして、紅白の幣束のようなものが飾られている。

「紅白の飾りは、神さまの目印ダヨ」と聞いているので、これは仏教的なものではなく、在来の信仰にもとづくのものかもしれない。「ナッ神は精霊信仰である」とも言うが、どちらかというと、日本の神道の感覚に近い気がする。

写真

パゴダの中心部には内部にもパゴダがあった。

写真

回廊の途中にあるバンダーの樹。

幹を好みの位置で切ると、そこから横に広がる性質があるため、日よけに植えられていることが多い。

写真

旧講堂ではないかと思う。

写真

お坊さんの家か。

左側の壁にでっぱっているところは、内部は祭壇になっているはずだ。

写真

境内にあった小型パゴダ。

写真

境内にはヤギが放牧されていた。

写真

寺の使用人か信徒と思われる人たちが庭仕事をしていた。このおじさんがかぶっているカサは、竹の皮でつくられていて、雨除けに使われる。

なんとなくベトナム風のイメージのカサだが、このあたりでも生産されている。

写真

おばさんがかぶっているカサは特大だった。

(2014年06月12日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット