サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の雨季カリの手動踏切

カリの手動踏切

ヤンゴン・マンダレー街道の踏切。

(ミャンマーバゴー管区バゴー)

地図・MAP
 
   

カレン州へ戻る。ヤンゴンからカレン州への移動は、長距離バスを使う。

席は全席指定だが、早めに予約してあったのでよい席を取れた。ミャンマーの長距離バスで「よい席」とは、道中で日が当たらない側の列の、前のほうのことである。ただし運転席の横の一番眺めのよい席はお坊さん専用席で予約はできない。途中の停留所から乗車した客が座ることもあるが、お坊さんが乗ってきたら席をゆずらなければならない。また運転席のすぐ後ろは助手の席になっている。助手は途中の停留所で荷物を積み下ろししたり、大型車両を追い越すとき前方を確認したりするために必ず乗車している。ミャンマーの道路はアメリカと同じ右側通行だが、自動車の95%くらいが右ハンドルの日本車なので大型車両での追い越しは大変なのだ。

バゴーを過ぎて最初の町・カリ(ကလိ)で、バスが踏切にひっかかった。踏切にカメラを向けていたら、運転手さんがドアをあけてくれたので降りて写真を撮ることにした。

写真
写真

遮断機の上げ下げは人力だ。

写真

番小屋があって、踏切番が常駐しているようだ。

ミャンマーでは鉄道は撮影禁止のはずなのだが、踏切番のおにいちゃんは、ニコニコして「いいよー」という感じだったので遠慮なく撮影させてもらった。

写真

列車が近づくと、踏切番のおにいちゃんが棒を振って列車に安全を知らせる。

写真

線路の幅は狭軌。日本と同じ幅かどうかはよくわからないが、ヤンゴン周辺では日本の中古車両が走っているのを見かける。

来たのは貨物列車で、機関車は武骨なディーゼル車。たぶん日本製ではないと思う。

写真

ミャンマーの鉄道は老朽化と線路面の施工の悪さのせいでスピードが出せない。ほとんど自転車で走るくらいのスピードでゴトゴトとゆっくり通過してゆく。

石灰石らしきものを運搬していた。

肥料にでも使うものだろうか。

写真

最後尾にだけ屋根付きの貨車が連結されていた。

(2014年06月22日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット