サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の雨季ヤーペータンパゴダ

ヤーペータンパゴダ

日本軍が駐屯したとき石に彫った文字が残っている。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   

エインドゥ町から東の山並みの中腹にパゴダがあるのが見える。このパゴダへの参道はちょっとわかりにくかった。AH-1号線には山門などの目印がないのである。

それでも「もうこの道以外ないだろう」という道を見つけて入ってみた。

写真
写真

赤土の道が、お目当ての山のほうへと続いている。どうやらこの道で合っているようだ。

写真

寺に到着。

山門には仏像か何かを納めるための小屋が付属しているが、空っぽのままだ。

建物も古びていて、全体的にかなり質素な印象の寺である。

写真

境内にはお墓らしきものがあった。お坊さんのお墓だろうか。

日本では寺の境内に墓があるのが一般的だが、ミャンマーでは寺と墓地は別の施設である。お葬式にお坊さんが関わることや、故人の命日に寺で法事をするところは共通するのだが、墓参りという習慣はなく、死者を埋葬したらそれ以後は墓へ行くことはない。

なので、このように寺の境内にお墓があるのはめずらしいことなのだ。

写真

山門のあたりで写真を撮っていたら、地元のおにいちゃんが話しかけてきた。山の上のパゴダへ行くつもりだというと「オレが案内してやるから、ついて来な」といって、先に歩き出してしまった。

ん? 勝手にガイドして、ガイド料をせびるパターンか?

国によってはかなりの高確率でガイド料をせびられる結末になるのだろうが、ミャンマーの田舎はまだそこまではスレてはいない。半信半疑でついて行くことにした。

写真

まず、講堂、兼、僧房へ連れて行かれる。

写真

講堂の中は真っ暗なのだが、おにいちゃんはどんどん入っていく。

写真

奥の暗がりにお坊さんがいた。

「この人がこの寺の住職だよ」

「いらっしゃい」

どうやらお坊さんとは顔見知りのようだ。このおにいちゃん、信じて大丈夫みたいだな。

写真

いよいよ山腹のパゴダへ向かう。

寺の入口から裸足になるようにうながさせたため、小石だらけの地面はついて行くのが大変だ。

写真

講堂の裏に石段があり、少しは歩きやすくなったので助かった。

でも、このおにいちゃんがいなければ、ここはまだサンダル履きで登ると思う。

写真

少し高度があがると周りの景色が見えてくる。

「スーチーさんのお父さんがこのあたりを通ったよ、日本人もたくさん来た」

と教えてくれた。第二次大戦中、アウンサンスーチーの父、すなわちアウンサン将軍が日本軍を引き連れてヤンゴンへと進軍した戦いのことを言っているのだ。

パアン周辺では、アウンサン将軍がここを通ったとか、このあたりで野営したとか、そういう話をときどき耳にする。

写真

山頂パゴダへ到着。

山頂もコンクリやタイルなどはなく、普通の地面なのでトゲのある草があったりして歩きにくい。

写真

パゴダは手前に仏殿が接続しているタイプ。

ふもとから見えた印象よりもこじんまりとした仏塔だった。

写真

山頂には小さな僧堂もある。

写真

仏塔と対になる石柱もちゃんとある。

写真

その石柱の基礎のところで見かけたカタツムリ。

殻がとても高い。日本ではあまり見かけないタイプだと思う。しかも左巻き。

写真

山頂から北のほうを見ると、まだ行ったことのない山にもパゴダが見えた。

後日、この山のすそ野あたりで日本軍が野営したという話を別のミャンマー人からも聞いた。

師団という単位であれば、少なくとも1万人からの兵士がいるわけだから、このあたり一面にキャンプしたのだろう。

写真

パゴダのある山から降りて帰ろうとしたら、

「こっちにもパゴダがあるから行こうよ」

と、おにいちゃんが細い山道を入っていく。

写真

小さなパゴダがあった。

これ、私はお寺ならなんでも喜ぶからいいのだけど、普通の外国人観光客を連れて行ったら、かなり不評だと思う。

写真

パゴダの横には、断層の露頭があった。

日本軍がこの一帯で野営したとき、兵士がこの岩に文字を彫ったのだという。

写真

これがそうだ、と言われたあたりを見ると、文字のようなものがあるような気もするが、とても読解できそうにはなかった。

開戦当時は日本軍は圧倒的に優勢だったから、たぶん進駐した記念かいたずらのようなものが書かれているのではないかと思う。

写真

白塗りのナッ神のお堂。

写真

真っ白なお坊さんの像は、おっさん(ボーミンガウン)と同じ場所でよく見かけるような気がする。

アウミンガウンという人だということを聞いた気もするのだが、いまのところ確信はない。

写真

近くにおっさんのお堂もあった。

写真

シンウーパゴも定番だ。

池がない場合、このように水槽の中に像を作る場合もよく見受ける。

写真

小さな仏塔もある。

小さいながら思ったよりも伽藍が充実した寺だった。

写真

「お坊さんを紹介するね」と言って、小さな僧房に入っていく。ここも中は真っ暗。

上がって行きなさいと、お坊さんが勧めるのだが、もうあたりは暗くなりはじめていたので、挨拶だけして帰ることにした。

写真

みんなで記念写真を撮ろうというので、それぞれカメラとスマホで写真を撮りあう。

やっぱり、このおにいちゃんは悪い人ではなかったな。

写真

このお坊さんはパイナップルを育てていて、おみやげにひとつ持たせてくれた。

(2014年07月13日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット