サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の雨季チャウガリー村の里門

チャウガリー村の里門

国道を行く車から寄進をつのるために使われている。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

月曜日、めずらしく午前中から晴れて、仕事でチョンドゥ方面へ出かけることになった。パアンからはAH-1号線をタイ国境方面へ60kmほど行った、となりの郡区になる。最近まで、外国人観光客は入れなかったエリアだ。

そこへ向かう途中の村で、AH-1号線をまたぐ里門があった。「里門(さともん)」とは、当サイトの造語で、集落の入口を示すために道路に作られる門のことである。

写真

里門の多くは、国道などの主要道から集落へ入る路地の入口や、集落内の細い道に作られる。

だがここでは国道をまたぐように作られているのだ。しかも村の始まりと終わりの2箇所に門がある。まるで集落の結界のようでもある。

写真

村の西のはずれの門では子どもがお布施を集めていた。近くに僧院があるので、そこの寄付なのかもしれない。

何台かに1台くらいのペースで寄付をする車がある。

写真

村の東のはずれの門。こちらは屋根が無くなっているので、道路の両側の休憩所の部分だけが残ったようになっている。

写真

ここは近くに尼院があるようで、若い女の子の修行僧がお布施を募っていた。

ここまでが村なのである。

写真

日本では、道祖神や不動尊などの石仏や、しめ縄や大草鞋(わらじ)などの道切りが集落の境界に作られる。

ここまでが村、ここから先は外の世界という結界の考え方は、国を超えて共通なのだろう。

(2014年07月14日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット