サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の雨季アウンドゥムゥパゴダ

アウンドゥムゥパゴダ

門前の聖人紹介所が充実。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   

パアンからタトンまでの50kmの道のりのほぼ中間点には、以前に紹介した温泉寺バーインニィ洞窟寺がある。そのバーインニィ洞窟寺までの半分くらいの位置にあるのが、このアウンドゥムゥパゴダである。つまり、パアンからタトンの行程の1/4くらいの場所だ。

パゴダは車道に面していて、小高い丘の上にあるため目印になる。「あ、タトンまでの1/4くらい走ったな」というわけ。

写真
写真

このパゴダの門前には、写真のような3つの建物が並んでいる。

左から、聖人紹介所、寄進所、通夜堂である。

写真

まず、聖人紹介所から見ていこう。

外から見ただけでもその充実ぶりに感動してしまう。

写真

お坊さんを左から順番に見ていく。ここのお坊さんについては、ミャンマー人に名札を読み下してもらったので、多少詳しく説明できる。

一人だけ立っているヒゲの人。頭髪もあることから、通常の僧ではなさそう。

名前はネームプレートによれば「パーメセヤド」。「セヤド」は「老師」のような意味。「パーメ老師」と訳せばいいか。

写真

メガネ仏発見。

名前は「ポーパゥッセイ」。

どのお坊さんも造形が妙に生々しい。

写真

左が「ヤッカンセンタンセヤド」。「タン」は「山」なので、「ヤッカンセン山の老師」みたいな意味。

手に写真を持っている右のほうが「ジョービューセヤド」。「ジョービュー」は「シラコバト」の意味。

写真

「ターマニャセヤド」。ターマニャヒルを再興した高僧。

日本では「ターマニャ僧正」と訳される。日本における「僧正」という位と完全に合致するのかどうかはわからない。

菜食、平和主義を唱えたお坊さんで、生前は大変に人気があった。僧正が居を構えたターマニャヒルには、2万人以上の信者が集まり、町ができたほどだ。

写真

「アランタヤセヤド」。

モン州の高僧。

日本語の訳も「アランタヤ僧正」でよさそうだ。

写真

「ミャインジーグーセヤド」。本名は「ウトゥザナ」。「ミャインジーグー」は、サルウィン川の上流にある町。

ターマニャ僧正の弟子でやはり平和主義を標榜したが、泰緬国境の山岳地帯でパゴダを再建する事業が、キリスト教徒が多かったカレン民族同盟と仏教徒の分裂を招き、のちに民主カレン仏教徒軍(DKBA)の盟主としてかつがれることになってしまった。

写真

中央は「白のガンダルフ」こと「ポーポーアゥン」、手前は「おっさん」こと「ボーミンガウン」。

この二人はよくペアで祀られている。二人は子弟関係で、ポーポーアゥンが師、ボーミンガウンが弟子である。

写真

「スエパロオンブーブー」。

「ブーブー」は「おじさん」のような意味で、「スエパロオン翁」みたいな感じか。

この人もナッ関係かと思うが、服装からすると実在の人物ではなく、伝説上の人物かもしれない。

写真

隣は寄進所。

日中は人が常駐していて、車が通ると鉢を持って出てきてアピールする。

写真

その隣は通夜堂。

この堂が本当は何なのかはよくわからない。

日本では道行く巡礼が野宿するための堂として、四国や瀬戸内に「通夜堂」と呼ばれるものがある。

ここも野宿できそうなので通夜堂と呼ぶことにする。

写真

通夜堂の中では若いカップルが濃密にイチャついていた。

ミャンマー人ってけっこうお寺でイチャつくよね。

写真

気を取り直して、パゴダへ向かう。

石段の最下段あたりが広くなっているので、ここでサンダルを脱ぐのがよさそう。

写真

裸足でパゴダへ向かう。

写真

基壇は四角で、四隅に小さな仏塔があるタイプだ。

全部を金色で塗るのではなく、四隅は銀色を使っているのが特徴があってよい。

写真

時計まわりにパゴダの周りを見ていこう。

塀に切り欠きがありそこに鐘つき柱があった。丘の上で鳴らした音が遠くまで聞こえるようにという配慮だろう。

写真

鐘の先にはシンウーパゴ堂。

写真

堂の中に水場を作ってあった。

シンウーパゴは太陽の高さを観察する→星を読む船乗りから信仰される、という伝承を聞いているが、水とのつながりはどこから出てきたのだろう。船乗の信仰→海、ということか。

写真

シンウーパゴ堂の奥には、コブラ光背の仏陀。

調伏させられたドラゴンが、自ら雨傘となって仏陀を守護したという伝説から来た仏像の形態。

こちらは水を溜められそうな構造になっているが、水はなかった。

写真

コブラ光背の仏陀の手前には、シンティワリ堂。

写真

リアルカラーバージョンのシンティワリ。

右手につえ、左手にウチワを持っていることが多いようだ。

写真

丘の裏側。

斜面に張り付くように、小さなお堂があった。

写真

お堂の横には、五比丘堂。

淡々と紹介できるようになってきたな・・・。

初めてミャンマーのお寺を見たときは、すべてが変なモノに見えて、何がなにやらわからなかったのだが、理解できるものが少しずつ増えてきた。

写真

講堂。

ここは後ろ側。

水飲み場が併設されている。

写真

講堂の前側。

ゴロ寝しているおじさんがいた。

寺の堂内でゴロ寝、これもミャンマーでは定番だ。

写真

男女の神像。ズェガビンの神様か。

読めそうで読めないプレート。「ソーナン、キンタイッナン」って書いてあるのかも。2人の名前か。

写真

丘の上から突き出すように作られた遥拝所。

使い方はナゾ。

もしかしたら、朝日を拝むのかもしれない。

(2014年07月26日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット