サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の気球祭りチャウタロン西寺

チャウタロン西寺

2つの独立丘陵の西の山の仏教寺院。

(ミャンマーモン州ムドン)

地図・MAP
 
   
写真

チャウタロン東寺を見たあと、今度は西寺へ移動。

スタッフにも「西も、登るからね!」と宣言。

・・・ほぼあきれられる。

写真

東寺がヒンドゥー教だったが、西寺は仏教。

こちらの登り口の山門は割拝殿みたいな建物になっている。

山頂はさっきの山より高そう。100mはあるんじゃなかろうか。

写真

登り始める。

山門の中で履物を脱いでいくことにした。

写真

あれ? さっきよりさらに人数が減ってる・・・。

若い子もさすがに疲れが出たか。

この2寺は場所からすればウィンセントーヤ寝釈迦のすぐ横なのだが、同じ日に寝釈迦と2寺すべて見るのは体力的に厳しいかもしれない。

写真

こちらは階段には屋根がなく、しかもコンクリも荒れている。

写真

登りはじめていくらも行かないうちにすでにバテぎみ。

写真

それでももう本坊が下のほうに見える。

写真

途中には小さなパゴダがあった。

写真

さらに急な石段が続く。

写真

登り初めてから10分で、山の鞍部に到着。

写真

西の山は、頂上が二つあるのだ。

登山道は左右に分かれている。

写真

左の道を行くと南の山頂。

高さは40mくらいはありそう。

写真

右の道を行くと北の山頂だ。

こちらも高さは50mくらいありそう。

両方登るためには、片方を登って、鞍部まで降り、登り返さなければならない。

キツいなあ・・・。

写真

でもここまで来たら登るしかない。

まずは南の山頂を極める。

写真

南の山頂部は狭く、小さなパゴダが4つあった。

写真

回りの眺望がひらける。

森の中から焚き火をする煙が立ち上っている。

日本ではもう見ることができない風景。

写真

東を見ると、山の影が伸びていた。

奥に見えるのは世界最大の仏像といわれるウィンセントーヤの寝釈迦だ。頭をこっちに向けて寝ている。

写真

いったん鞍部まで降り、北の山頂部へ登り返す。

写真

登山道は北の山頂のほうが面白い。

岩質は火山性もののように見える。玄武岩か。

途中には池があった。

写真

胎内くぐりがある。

写真

胎内くぐりを過ぎると細い通路になり、山頂はすぐだ。

写真

山頂に到着。

休憩所とパゴダがある。

朝早くパアンを出たが、もう日が傾いている。

写真

パゴダが西日をウケて金色に輝き出す。

写真

北の山頂から南の山頂を見る。北の山頂のほうが標高が高いようだ。

東のほうに目をやると、東寺の山が一望できる。

これは飽きない眺めだ。

がんばって登った甲斐があった。

写真
写真
写真

西寺のその他の伽藍を簡単に紹介しておこう。

入口付近にあった仏塔。ペアになる石柱が塀の外に立っているのが珍しいのではないか。

写真

右向きのシンウーパゴ。

写真

講堂。

僧房も兼ねているのではないかと思う。

写真

食堂(じきどう)だろうか。

西寺は東寺よりも標高が高く、眺望も360°あるので山頂でゆっくり過ごしたい。所要時間は鞍部まで10分、二つの山頂を登り返すのにさらに10分かかった。お寺全体では40~60分くらいの所要時間をみたほうがよいだろう。

(2014年11月15日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット