サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の気球祭りトーノエロンパゴダ

トーノエロンパゴダ

牛が草を食むだけの無人のパゴダ。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

トゥーノェユア僧院の丘を巻くように集落の中の道を進むと、山門があった。

地図を見るとここはトゥーノェユア僧院山頂への自動車用の進入路にもなっているが、それだけではなく小さな独立したパゴダのようだ。

写真

仏殿などの堂宇はなく、仏像も仏塔もすべて野外に並んでいる。

仏塔の前は緩やかな斜面だが、そこには牛がつながれて草を食んでいた。

写真

除草のためにつながれているのだろう。

めったに人が来ない場所に、他所者が来たので牛もすこしびびりぎみ。

写真

仏塔のひとつひとつは小さいが、せまい丘に林立しているため、けっこう楽園っぽい雰囲気。

写真

シンウーパゴが雑草に埋もれている。

僧侶は午前中しか食事ができないので、太陽の高さを確認しているというポーズである。

写真

丘の上部へ登るにつれて仏像の割合が多くなっていく。

写真

また、シンウーパゴ。

あれ? さっきの像と見上げている顔の向きが逆だ。

いままで気にしたこともなかったが規則性があるのだろうか。このアングルだと、太陽はまだ東にあるので午前中ということになる。

先ほどの像だと、太陽は西にあり食事の時間は終わりということになる。

写真

丘の頂上には石柱があった。

写真

丘に登ってみると、下からは見えない位置に小さな僧房があった。

でもたぶんお坊さんは住んでいなさそう。無住の寺だ。

写真

近所の子どもがめずらしそうに寄ってきた。

ここは普段この子たちの遊び場にもなっているようだ。

写真

ちょっと荒れ気味なところが、逆に風情を感じさせるパゴダであった。

(2014年11月08日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット