サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の気球祭りラッサンユアの茶堂1

ラッサンユアの茶堂1

沼のほとりにある茶堂。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

トーノエロンパゴダを過ぎた辺りから、路面が急に荒れてくる。航空写真では路面の状況は区別できないのだ。これは思ったより大変な行程になりそう。

同じ未舗装でも平たく踏み固められて舗装道路のように走れる道もあるのだが、いま進んでいる道は雨季にぬかるんで深いワダチができていたり、そのぬかるみをなんとかしようと野球ボールくらいの大きさの石がごろごろと転がっていたり、いままでカレン州で経験したことのないひどい悪路になった。

写真

目指すノゥトゥディの山並みも近くなる。

山麓の林の中には樹に隠れて点々と小さな村が続いていた。

写真

村の中はさすがに悪路も一段落。

それぞれの村の正式な名前はわからない。このあたりで唯一名前が確認できたラッサンユア村を基準にタイトルを付けてゆこうと思う。

村外れに茶堂があった。

写真

日本でも茶堂は村外れに作られることが多いように思う。その理由を悪いものが村に入ってくるのを回避するためではないかと考察した。

つまり、悪霊的なもののヨリシロ的な装置であったり、漂泊者を野宿させるための宿なのではないかという考えだ。あるいは、純粋に村の境界を知らせるためのものかもしれない。

写真

ミャンマーの茶堂では、親しいもの同士が中でくつろいだり、雨宿りをしたりしているのを見たことがある。あるいはバスやタクシーの待合所という用途もあるようだ。もっとも、このような辺鄙な村にはバスもタクシーもないが。

写真

茶堂の前は広々とした沼で、蓮が水面を埋めていた。

乾季でも水があり、農業にも向いた村のようだ。

(2014年11月08日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット