サイトロゴ

ホームミャンマーモン州タトンへの遠征パゴダのある材木河岸

パゴダのある材木河岸

サルウィン川から直接ウインチで材木を荷揚げする。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

ミザンタイチョン僧院の裏手に河岸(かし)があるようなので行ってみた。

小道はサルウィン川に突き当たるように行き止まりになっている。

写真

荷揚げされたと思われる材木が積まれ、その横でウシがゴロ寝している。

不思議なことに河岸にパゴダが付属している。

写真

見た通りのパゴダだろうから、近くまでは行かず。

写真

川岸まで行ってみた。

大きな樹が敷地を覆い、日陰を作っていて気持ちがいい。

写真

特に桟橋のような設備があるわけではなく、砂州に舟を乗り上げてあるだけの船着き場。

材木が何本か置かれていた。

おそらく(いかだ)流しによって上流から運んできたものではないかと思う。

写真

ちょうど材木の1本が引き上げる途中の状態になっていた。

写真

崖を切って作った斜面があって、そこから材木を引き上げるようになっている。

掘っ建て柱の簡素な作りだが、そのシンプルさゆえに見惚れてしまう。かっこいいなあ。

写真

ワイヤーをかけて引き上げているが、ここから先、この土手を越えて引きずり出すのは容易ではなさそうだ。

写真

もしかすると、ただゴロ寝しているように見えたウシは、この作業のために使役されているのかも知れない。

写真

すぐ横に製材所があり、板などに加工していた。

けっこうな大径木がころがっている。

(2015年11月22日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット