サイトロゴ

ホームミャンマーモン州タトンへの遠征パアンの生ゴム問屋

パアンの生ゴム問屋

農家で生産された生ゴムが山積みされている。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

パアン滞在中によく食材を買いにいく、空港入口のマーケット。そのマーケットの入口の近くに、生ゴムの問屋があることに気付いた。

写真

すごい量の生ゴムが積み上げられている。おそらく10トン以上はあるだろう。

いままさに届いた生ゴムを倉庫に積み上げている作業中だった。

写真

なんだか楽しそうに仕事をしている。

写真

こんなふうに仕事をしたいものだな。

写真

これが生ゴム。

ゴムノキの樹液を凝固剤で固めて、薄く伸ばしたものだ。ゴムの原料としてこの荷姿で輸出される。

ミャンマーの生ゴムはいまひとつ品質が悪いといわれている。不純物が多いのだ。その原因はおそらく、設備の整った工場ではなく、個々の農家で生ゴムを製造するからではないだろうか。

写真

これは別の場所、ゴム畑で見かけた樹液の採取。

写真

樹の皮を斜めに15cmくらいそぎ落として、その下端に小さな樋のような金物を打ち込む。

写真

樋の下に器を取り付けてその中に樹液を集めるのだ。

作業は夜から、早朝に掛けて行うのがよいとされる。

生ゴムを製造している工房を一度見学したいな。

(2015年12月10日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット