サイトロゴ

ホームミャンマーモン州タトンへの遠征コッグーン村の屋根付橋3

コッグーン村の屋根付橋3

橋の途中に休憩所があるタイプ。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

コッグーン村は、イラワジ川という小さな川に沿って帯状に家並みが続いている。人々の暮らしが川に依存しているためだろう。

屋根付橋を探すため、村の端から端まで走ってみることにした。

写真

川に沿って続く道には、里門(さともん)が2つあった。

「里門」は当サイトの造語で、集落の境界などで道に作られる門のことだ。私が滞在しているパアン市周辺にもわずかに見られるが、どちらかというとモーラミャイン方面やジャイン川下流地域に高密度に分布している。

写真

河岸があった。

何か荷揚げしている。オレンジ色っぽいポリタンクはたぶんガソリン。段ボール箱は食品ではないかと思う。

写真

そのすぐ近くに屋根付橋を発見!

やはりこの村は屋根付橋の特異点だったのだ。

写真

これは橋全体に屋根があるタイプではなく、途中に四阿(あずまや)があるタイプだ。

写真

四阿のベンチは完全に川に迫り出しているので、通行の邪魔になることはない。

写真

こうしてみるとなかなかおしゃれな橋だ。

写真

橋の下には川へ降りる階段があり、ここでも女たちが水浴びしたり洗濯したりしていた。

写真

水の中での井戸端会議。いや、川中会議というべきか。

コッグーン村の夕暮れ時のありふれた光景なのだ。

写真

川沿いの家々にはかなりの割合で船着き場がある。

写真

日が沈みかけて、橋脚と橋桁が川面に長い影を落としていた。

(2015年11月22日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット