サイトロゴ

ホーム岡山・水車と鍾乳洞を巡る(3日目)浄圓寺

浄圓寺

周囲は武家屋敷街の面影がある。

(岡山県津山市上之町)

地図・MAP
 
   
写真

津山市の東部は、南に出雲街道の宿場町、北の丹後山丘陵のふもとには寺社が並ぶ寺町になっている。そしてその間に挟まれた住宅地は、もと武家屋敷街だった場所である。

いまでもわずかに武家屋敷の風情が残っている。

写真

その武家屋敷の路地を入ったところに次のお寺があった。

浄土真宗本願寺派、浄円寺である。

写真

狭い路地に面しているが白壁がきれいで、町の景観向上にとても貢献している。

山門は薬医門。

写真

門はまだ新しい。建てられてまだ4~5年くらいしか建っていない感じ。

写真

境内はとても狭く、本堂の写真を撮るには引きが足らない。

写真

本堂の左側に小さな六角堂があった。

この堂は、よく見ると参詣の階段が斜めに付いている。

写真

六角堂の内部は、どうやら位牌堂になっているようだ。

写真

本堂は、周囲に濡れ縁を廻した浄土真宗らしい造り。

写真

本堂の右側には庫裏。

完全に民間の住宅のにしか見えない。

写真

庫裏の前には東司、兼、閼伽井(あかい)屋があった。

当サイトでは、墓参のための手桶を置く建物を「閼伽井屋」と呼ぶことにしている。ちょっと大げさか。一般的には「手桶堂」とでも呼んだほうが適切かもしれない。

(2003年04月29日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット