サイトロゴ

ホーム岡山・水車と鍾乳洞を巡る(3日目)作州民芸館

作州民芸館

大正時代の土居銀行の社屋。

(岡山県津山市西今町)

地図・MAP
 
   
写真

出雲大社から少し南に行ったところに古い洋館があった。作州民芸館という展示施設で、大正9年に建てられた土居銀行の社屋だったという。

写真

建物の前は狭い街道なので、建物の全景を写すのがむずかしい。

さきほど見た旧津山中学本館の建物と同じ、ネオルネッサンス様式の建築だ。

写真

このような文化的に洗練された建物が多く残るのは、津山がかつて物資の集散地として繁栄したことを物語っているのだろう。

登録有形文化財に指定されているようだが、役不足であろう。県重文が妥当ではないか。

写真

中に入ってみた。

写真

内部は地元の民芸品の展示場になっている。

一階は円弧のアーチを多用したデザイン。

写真

二階への階段。

階段が両側にあるスタイル、他でも見たことがあるが、こうした設計思想がある時期流行ったのだろうか。

写真

二階は会議室になっていた。

写真

天井は折上格天井(おりあげごうてんじょう)

本来は格式の高い天井である。近代では銭湯の脱衣所でよくある天井とも言えるが・・・。

写真

建物を裏側から見たところ。

(2003年04月29日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット