サイトロゴ

ホーム岡山・水車と鍾乳洞を巡る(3日目)妙法寺

妙法寺

本堂の基礎が亀腹になっている。

(岡山県津山市西寺町)

地図・MAP
 
   
写真

三つ寺が並ぶ旧出雲街道の南側にある寺、日蓮宗妙法寺。

出雲街道に面して愛染寺のむかいに薬医門があるが、これは裏門的なものである。妙法寺の伽藍は東面していて本来の山門も境内の東にある。

ただ、三つ寺を参詣した流れで、北側から境内に入ることにした。

写真

北側から入ると最初にあるのが三十番神堂。

一間四方で、小さそうな外観の堂だが、実はでかい。横で休憩しているおじさんと比較してほしい。

写真

三十番神堂の前にあった別の鎮守社。

シルエットは三十番神堂と似ているが、こちらはコンパクトなサイズ。

写真

鬼子母神像。

写真

なかなか迫力のある像だ。

写真

本堂。正面5間の巨大な本堂。

江戸前期の建物で県重文。正面の2間が吹き放ちの外陣、日蓮宗本堂形式をよく表わしているという。

写真

本堂の基礎は漆喰の亀腹になっている。

写真

本堂の前には3間×2間の大きな鐘楼。

写真

本堂の裏側のほうに玄関のようなものが見える。

写真

この建物は、本堂と渡り廊下でつながっている。

方丈ではないかと思う。

それにしても本堂の真後ろに玄関があるというのは珍しい。

写真

さらにその奥のほうにあった庫裏。

写真

山門は薬医門。裏側からみたところ。

車両は通行できない。

自転車で廻っている関係で、ふたたび北門から出たせいで、山門正面からの写真を撮り忘れた・・・。

朝から寺社を25ヶ所も見てきているので疲れてきてるのかな。でも寺町巡りはまだまだ終わらないわけだが。

(2003年04月29日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット