サイトロゴ

ホーム岡山・水車と鍾乳洞を巡る(3日目)新高倉稲荷神社

新高倉稲荷神社

もとは寺の鎮守社だったという。

(岡山県津山市西寺町)

地図・MAP
 
   
写真

迷路のような城下町の路地を進む。

その一角に屋敷神のような小さな神社があった。

新高倉稲荷神社という。

写真

鳥居は2つの鳥居が(ぬき)で固められた造り。こういう様式の鳥居ではなく、たぶん、安定させるために連結させているのだと思う。

本殿は春日造り。

写真

末社。

写真

由緒書き。

要約すると、この場所にかつて渓華院という寺があり神社はその鎮守社だった。一時、近くにある徳守神社へ遷座したが、その後あらためて建立されたため「新」高倉稲荷神社としたということだ。

(2003年04月29日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット