サイトロゴ

ホーム岡山・水車と鍾乳洞を巡る(5日目)

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(5日目)

岡山県央の鍾乳洞銀座ともいえそうな阿哲台で鍾乳洞巡り。特に吸い込み穴型の鍾乳洞は、それを見るだけでも人生観が変わるような経験だった。

 
   
広域地図

今回の旅の後半は、岡山県の県央のカルスト地帯である阿哲台(あてつだい)にある鍾乳洞巡り。ほとんどは観光洞だったが、いくつかは非観光洞も含まれる。

ちなみに非観光洞への入洞は基本的に地元自治体への届け出が必要だ。私は届け出をしていなかったので深部へは入らず、すべて洞口を覗く程度とした。それでもヘッドライト付きのヘルメット、予備の明るい懐中電灯、予備の予備としてミニライトを持ち、水がある場合や三点支持が必要な段差や傾斜がある場合は決してそこより先へは行かないというルールを自分に課している。以前にどうということはない洞窟の深部で懐中電灯の電球が切れ、完全な闇の中で方向を失ったことがあり、以来、洞窟巡りには慎重を期すことにしたのだ。

今回の鍾乳洞巡りで特に印象的だったのがドリーネと吸い込み穴型の鍾乳洞だ。ドリーネとは鍾乳洞のような地下空洞が陥没してできた窪地である。地表に窪地があれば底には水が溜まって沼となり、さらに水が増えれば沼から川となって流れ出るというのが一般的だろう。だがドリーネには沼はできない。窪地の底に縦穴が開口していて、雨水や川はすべてその穴から地中に吸い込まれて消えていく。その穴が吸い込み穴と呼ばれるものだ。

さて、私は「人間の生存圏の端」という場所が好きだ。いや「好き」というのは正確ではなく、畏怖に近い感覚によって魅かれるというべきなのかもしれない。たとえば太平洋のような大海の海岸線とか、人跡をはばむ原生の山脈などである。ここから先は人間の住める場所ではない、ここが人の世の終わり、という場所を感じたいのだ。これまでそうした異界は、海や山のように、常に見上げる方向に存在した。だが吸い込み穴は自分の足下の方向に存在する異界だった。

それはいままで見てきた他の洞窟では感じられなかった感覚だ。入洞することよりもドリーネの底に立って吸い込み穴を直視することがポイントのように思う。もし今回たまたま岡山の旅を選ばなければ、この畏怖を経験することなく私は一生を終えていたかもしれない。そんな人生を想像すると、それは不完全な人生のようにさえ感じられるほど、岡山のドリーネは大きな体験なのだった。

勝山大師堂(真庭市勝山)巨大な鐘楼は日本最大かも。

上江川の揚水水車(真庭市江川)木と竹でできた素朴な水車。

神代鬼の穴(真庭市神代)奥行50mほどの浅い鍾乳洞。

竜宮岩(真庭市神代)石灰岩の岩盤を渓流が削ってできた景勝。

神代の四季桜(真庭市神代)年に4回、花をつける桜。

神庭の滝(真庭市神庭)滝には近づけないが、野生の猿に近づける。

神庭鬼の穴(真庭市神庭)神庭の滝の敷地内にある鍾乳洞。

備中鍾乳穴(真庭市上水田)深さ700mの観光洞。巨大な層状石柱が見どころ。

菅野のベーハ小屋(真庭市上水田)ベーハ小屋とタバコ畑が一緒に見られる貴重な場所だ。

井弥の穴(真庭市下呰部)奥行85mの乾いた鍾乳洞。

諏訪の穴(真庭市下呰部)日咩坂鍾乳穴の吹き出し穴といわれている。

諏訪の穴の水車小屋(真庭市下呰部)鍾乳洞に併設された大味な観光水車。

日咩坂鍾乳穴神社(新見市豊永赤馬)神仏混交の要素が残る神社。奥の院は鍾乳洞。

日咩坂鍾乳穴(新見市豊永赤馬)ドリーネの底にある巨大な鍾乳洞。

赤馬のドリーネ集落(新見市豊永赤馬)ドリーネの中に人が住んでいる。

三尾寺(新見市豊永赤馬)文化財的改修がされていない本堂が見もの。

原茂のベーハ小屋①(真庭市阿口)土蔵造で状態のよい物件。

原茂のベーハ小屋②(真庭市阿口)①とほぼ同形の物件。

岩屋の穴(真庭市阿口)わかりにくい場所にある鍾乳洞。

   

他の旅