サイトロゴ

ホーム岡山・水車と鍾乳洞を巡る(7日目)松の葉寮の看板

松の葉寮の看板

看板の上にミニチュア系松山城。

(岡山県高梁市落合町阿部)

地図・MAP
   
   
写真

朝、宿を出て高梁市市街地へと向かう途中で見かけたミニチュア系あやしい城。

あやしい城とは、歴史的に城が存在しなかった場所に作られる天守閣状の構造物のことだ。そのうち、中に人間が入れないものをミニチュア系といっている。

私はあやしい城のなかで、特にミニチュア系が好きだ。誰でもがんばれば作れそうな(でも実際には作れない)ところに興奮してしまう。

写真

本物の松山城は高梁市街地からすぐ近くの山の上に建つ山城だが、城下町からの標高差は400mもあり、見上げるような高さにあるのが特徴だ。

この看板もその高さを再現するために、見上げるように作られているのがよく考えられている。

写真

天守閣の形状も実際の形状をそれなりに再現していて、城に対する愛が感じられる。

(2003年05月03日訪問)

     

関連スポット

この旅で見た他のスポット